2017年10月 6日 (金)

公開討論会

むらさきかん(東部地域交流センター)にて、衆議院議員選挙立候補予定者の公開討論会が開かれましたので、聞きに行ってきました。

続きを読まれる方は、下の続きを読むをクリックしてください。↓

» 続きを読む

|

2017年10月 2日 (月)

ガラクタポンコツ議員

橋下徹さんがツイッターで厳しい意見を述べています。

”民進議員は選挙が終われば裏切るのは明白。代表選をやって元の民進党に戻すだけ。”

また、

”ガラクタポンコツ議員は一掃して欲しい”

とも書いていて、

さらに、

”政治家として生き延びたいために小池新党に入ろうとするチョロネズミ”

と痛烈な批判を浴びせています。

以前、民主党から維新の党に迎え入れたものの、再び民主党に戻った様な国会議員が居た事からの悔しい気持ちなのかもしれませんね・・・

私の意見としては、「政策や政治信条が近い議員同士で政党に所属してくれないと、選挙の時に選びにくい」という事があります。

保守、新自由主義、リベラル、社会主義、共産主義等々、政界再編とまでは言いませんが、

有権者側から見て限りなく分かりやすい形になってもらえると、投票率も上がりやすくなるのでは無いかと考えます。

そして、私自身もガラクタポンコツ議員と思われない様、資質を最大限に高めながら議員活動に全力で取り組んでまいります。

ところで、岡崎市議会議員の活動の一部である委員会や研修会を直接、傍聴してみませんか?

経済建設委員会

日時:平成29年10月13日(金曜日) 午後1時15分~

場所:岡崎学区市民ホーム

    (岡崎市針崎町字フロ1番地2)

議題:岡崎駅南土地区画整理事業の進捗について

定員:30人

申込期限:平成29年10月10日(火曜日)必着

議員研修会

日時:平成29年10月20日(金曜日) 午後2時~4時

場所:市議会議場(西庁舎3階)

内容:市街地活性化に向けてのマーケティング戦略
講師:立教大学教授 有馬 賢治 氏
定員:62人

申込期限:平成29年10月10日(火曜日)必着

応募方法

議会事務局のページ←ここをクリック

から応募用紙に記入し、メールか郵送でお送りください。

市議会議員が普段、どんな活動をしているのか良く分からないと思う方々、

また、貴重な一票を託す事のできる議員かどうかを直接、ご自身の目で確かめてみたい方々、等々、

大勢の方々のご応募をお待ちしております!

|

2017年9月29日 (金)

(仮称)乙川人道橋  JR岡崎駅ペデストリアンデッキ

9月定例会の閉会日。

第73議案から第89号議案まで17件の議案について賛成反対かの採決等を行いました。

採決に参加できない議長以外の36名の議員による各会派の賛成反対の結果は、

自民清風会(14名) 17件の議案に全て賛成

民政クラブ(8名) 17件の議案に全て賛成

公明党(4名) 17件の議案に全て賛成

チャレンジ岡崎・無所属の会(4名) 17件の議案に全て賛成

日本共産党岡崎市議団(3名) 第73号議案、第74号議案、第75号議案、第76号議案、第77号議案、第78号議案、第79号議案、第83号議案、第84号議案、第85号議案、第88号議案については反対その他の6件の議案については賛成

・無所属(3名)

 三浦康宏議員 17件の議案に全て賛成

 野々山雄一郎議員 17件の議案に全て賛成

 大原まさゆき 第76号議案、第77号議案、第85号議案については反対その他の14件の議案については賛成

という結果でした。

(第83号議案のみ議長も裁決に加わりました。)

また、私が反対した第76号議案「(仮称)乙川人道橋 下部工事」

第77号議案「JR岡崎駅 ペデストリアンデッキ建設工事」

第85号議案「平成29年度岡崎市補正予算(第3号)」

の3件についての会派別の賛成反対の結果は、

自民清風会(14名) 賛成

民政クラブ(8名) 賛成

公明党(4名) 賛成

チャレンジ岡崎・無所属の会(4名) 賛成

日本共産党岡崎市議団(3名) 反対

・無所属(3名)

 三浦康宏議員 賛成

 野々山雄一郎議 賛成

 大原まさゆき 反対

以上となり、3件とも反対4名、3件とも賛成32名であり、賛成した人数が多かったため可決してしまい、

(仮称)乙川人道橋 下部工事、JR岡崎駅ペデストリアンデッキ建設工事 議案が成立となってしまいました。

前回のブログにて経済建設委員会での質問や意見を掲載しましたが、

(仮称)乙川人道橋については、私としては、そもそも必要性の低さから反対しているのですが、

さらに、固い岩の発覚や、設計時の見積もりミス等々、建設事業費が当初よりも増額されてきており、賛成できるものではありません。

また、JR岡崎駅のペデストリアンデッキにつきましても、今年の10月にオープンする”ララシャンスOKAZAKI迎賓館”の建設や、遠い場所への駐輪場の移動が無ければ、

10億円もの建設費をかけてペデストリアンデッキを伸ばす必要性は低かったかと思われますし、

まずは、ロータリー内の送迎車での混雑解消対策の方を取り組むべきだと考えますが、皆様はどうお考えでしょうか?

ところで、昨日、衆議院が解散をしました。

衆議院議員選挙の日程は、公示が10月10日(火)  投票日が10月22日(日)となります。

ちなみに、イオンモール岡崎の3階ホールにて、期日前投票が行える予定となっています。

日時 10月19日(木)~10月21日(土) 

時間 午前10時から午後8時まで

普段、ほとんど選挙に行かない方がいらっしゃいましたら、お買い物の合間にでも寄ってもみてはどうでしょうか?

そして、いつもブログに書いておりますが、政党に所属をしていない私は、市内、市外問わず、どこの選挙事務所にも顔を出しておりませんし、特に支援をしている候補者もいませんが、

希望の党に、どこまでの議員が合流していくのか注目をしつつ、党名だけ変わっても、候補者がほとんど同じであれば、あまり意味の無い事では無いのかとか、

急激な党勢の拡大は、”維新の会”の二の舞になってしまうのではないかとも思っていますがどうなのでしょうか・・・

ちなみに明日は、若松保育園から運動会への来賓出席のご案内を頂いているので、出席する予定です。

ちびっこ達が元気いっぱい運動をする事で、身体だけでなく心も健康的に成長していく事を望みます。

|

2017年9月12日 (火)

経済建設委員会

経済建設委員会に出席しました。

第77号議案 工事請負契約について

「シビックコア地区整備推進事業ペデストリアンデッキ整備工事」

に反対をしました。

Img_0011_2

以下に、委員会で述べた私の反対意見を掲載します。

本議案は、JR岡崎駅東側のシビックコア地区整備推進事業ペデストリアンデッキ整備工事ですが、今回の入札では1者のみの参加であり、

予定価格10億9387万8000円に対し、落札価格が10億9080万円のため、落札率が99.72%と、ほぼ100%に近い数字となりました。

東京都では、オリンピック関連事業等で1者のみの入札であり、かつ99%を超える高い落札率の入札結果が増加してきたために、

今年度から1者のみの参加者の場合には、入札を中止してやり直しをしていく事となりました。

他の自治体でも同様の取り組みが見られる所もありますので、本市におきましても1者のみの入札についての扱いにつきまして、ぜひとも改善を要望致します。

そして、工事の内容でありますが、JR岡崎駅の東口駐輪場が、以前の位置のままであれば、わざわざペデストリアンデッキを設置する必要性は低かったと考えますし、

また、コンベンションホール等の商業施設との接続通路として10億円という金額は高額過ぎるのではないかとも考えます。

さらに、優先順位としては、ロータリー内で乗り降りのための車の渋滞対策の方が必要性が高い事からも、本議案には反対と致します

 

第85号議案 一般会計補正予算に反対をしました。

継続費

東岡崎駅周辺地区ペデストリアンデッキ整備事業」

以下に私の質問と拠点整備課長の答弁の概要を掲載します。

大原まさゆきの質問

今回の議案では、名鉄東岡崎駅北東部に建設予定のペデストリアンデッキにつきまして、増額分が6億2000万円、減額分が2億3000万円で、合計約4億円の増額となり、

総事業費が15億1800万円から19億1800万円に変更される補正予算であります。

まず、約4億円の増額に至った経緯をお聞かせください。

拠点整備課長の答弁

平成27年度にペデストリアンデッキの予備設計を実施し、平成28年3月に15億1800万円にて議会でご議決をいただきました。

その後、28年9月頃から、今回の変更の大きな要因であります北東街区へのルート変更案を検討し、屋根の延長も検討を始めております。

本年度になりまして7月頃に、設計コンサルタントから概算工事費の提出を受けましたが、総事業費が大幅に増える事が判明いたしました。

市では、概算工事費の照査とともに、コストを縮減できるものはないかの検討を行い、減額要素を含めて、約4億円の増額となりました。

大原まさゆきの質問

ご答弁によりますと、昨年の9月頃からは、事業費が増えていくであろう事が予測できたかと思われます。

そして、次の質問ですが、元々、中央デッキと北東街区との接続通路は事業者の負担で設置していく事でありましたが、2次募集の際に事業者の負担を減らす事で、

接続通路は市が負担をして建設していく事となりました。

その増額分についての金額をお聞かせください。

拠点整備課長の答弁

ルート変更に関しましては、以前とは面積等が増えた関係で1億2000万円ほど増額し、屋根を延長して設置していく部分につきましては1億円となっております。

大原まさゆきの質問

確認をしたいのですが、最初に、市有地について有効活用事業の事業者を募集したところ、優先交渉権者を見送り、

その後に関心のある事業者などへのヒアリングを結果を受けて、事業者負担で設置していく通路部分を市の負担になったところ、約2億2000万円の増額となった

という事でよろしかったでしょうか。

拠点整備課長の答弁

今のご質問では、事業者の負担部分を市が肩代わりをしているかの様な事でありましたので、そういう事では無いと考えます。

大原まさゆきの質問

もう一度お聞きしますが、中央デッキと北東街区を接続する通路を事業者が設置しなくなった事によって、

市の負担で屋根の延長をする事になり、1億円の増額となった事は間違いないかと思いますが、お聞かせください。

拠点整備課長の答弁

接続通路が無くなった事によって、利用者にとって、より良いペデストリアンデッキのために、屋根の延長をしていく事には間違いないかと考えております。

大原まさゆきの質問

それでは、ペデストリアンデッキの主な利用者について確認させてください。

拠点整備課長の答弁

駐輪場を利用する方、北東街区のレストランやホテルなどの施設を利用される方、観光で訪れる方など、数多くの方が利用されると想定しております。

以下に私が述べた反対意見を掲載します。

継続費について、東岡崎周辺地区ペデストリアンデッキ整備事業ですが、

増額分としては、屋根の延長部分で1億円、デッキのルート変更で3億8000万円、デザイン性の向上として、フタ付きの排水溝、舗装材に天然石を使用、点字ブロックにステンレス鋲を使用等で1億4000万円、合計6億2000万円となり、

減額分としては、エレベーターの全面ガラスを3分の一に縮減、橋げた裏の化粧パネルを取りやめ等で2億3000万円、

増額・減額を合わせますと、約4億円の増額となり、総事業費として19億1800万円が計上されております。

平成27年度に予備設計で積算された総事業費15億円と比較しますと、増額分の6億円分は差が大きすぎるのではないかと考えます。

また、北東街区の事業者アンケートにより、北東街区からペデストリアンデッキへの接続通路を事業者負担で設置してもらう事を無くす事などによあって、

少なくとも屋根の延長にかかる1億円の分など、市の負担が増える事となりました。

ペデストリアンデッキの利用者は、駐輪場の方々やホテルの宿泊者等々でありますが、名鉄東岡崎駅近くに駐輪場があれば、高額のペデストリアンデッキを設置する必要性は低かったと考えます。

また、北東街区事業では、市の土地をホテル等の事業者に安く貸して、民間の方が所有している土地については、市が一旦借りて、そして事業者に貸していく転貸となっておりますが、

民間の方から借りる賃料と、事業者に貸す賃料の金額に差額があり、その差額分は市が負担をする事となっております。

そして、さらに、ホテル等への利用者の利便性向上等々のために、ペデストリアンデッキを建設する事となっておりますが、

(賑わいの創出や駅周辺の価値を高めるために、市が高額の負担をするなどの)事業のあり方に疑問を感じますし、本議案に反対致します

継続費

「乙川河川緑地人道橋整備事業」

以下に私の質問と乙川リバーフロント課長の答弁の概要を掲載します。

大原まさゆきの質問

人道橋の総事業費が増額されてきた経緯をお聞かせください。

乙川リバーフロント課長の答弁

乙川河川緑地人道橋整備工事の継続費は、平成27年3月定例会で総事業費18億4032万円で議決されています。

次に、平成28年4月臨時議会では、下部工事における想定地盤の相違による工事内容の見直しにより、工事期間を2年延長し、総事業費を21億605万円へ変更しています。

そして今回、照明施設関連費の増額として、総事業費を22億5276万5600万円へ変更をお願いするものであります。

大原まさゆきの質問

増額分の補正額、1億4671万円の財源についてお聞かせください。

乙川リバーフロント課長の答弁

補正額の1億4671万4600円の財源は、全額、地方債を予定しています。

大原まさゆきの質問

地方債を増額する事によって、返済する利子の負担はいくら増額するのかをお聞かせください。

財政課長の答弁

平成28年度の借入れなどを参考にして条件を仮定した場合、償還していく利子の総額は約66万5000円となる事が見込まれます。

以下に私が述べた反対意見を掲載します。

継続費の乙川河川緑地人道橋整備事業でありますが、元々、総事業費18億4000万円でしたが、

河川内の工事個所に固い岩があったため、21億円に増額されまして、今回、再び増額し、総事業費22億5000万円が計上されております。

この増額分は、LED照明の工事費1億4700万円でありますが、本来は今回の様に後から補正で増額するものではなく、

元々の実施設計の総事業費に合算していくべきである計上ミスでありました。

私は、以前から人道橋を設置する必要性が高く、かつ多くの市民が望んでいるとは考えられないと述べてまいりましたが、

今回の増額分の1億4700万円は全額が地方債として借金される事となっております。

金利の分については、先ほどご答弁を頂きましたが、平成28年度末の地方債の残高は、一般会計、特別会計、企業会計を合計しまして、約1630億円あり、その分の金利を今後、支払っていく事になります。

平成40年頃には、本市の総人口も減少していく予測がされておりますが、将来の市民に地方債や維持管理費、解体費用などの負担を少しでも軽いものにしていただきたいと考えます。

また、今後、人道橋の総事業費がさらに増額しないか心配をしているところでもありますが、

(後から事業費が増額してしまう様な)計上ミスなどの再発防止に取り組んで頂く事を要望しまして、本議案には反対と致します

|

2017年9月 3日 (日)

俳句甲子園

岡崎市総合防災訓練が、市内22会場(小学校等)で行われました。

私は、上地小学校の訓練に参加。

Img_0001_5

開会式前の集合時の様子。

Img_0002

放水訓練。

子ども達も参加しています。

Img_0006


炊き出し訓練。

Img_0007

下水道に直結しているマンホールトイレ。

Img_0008_2

シェイクアウト訓練の様子。

その他、沢山のブースがありました。

早朝からご準備してくださった方々、参加された方々、お疲れ様でした。

防災訓練は、災害に対する啓発活動としては必要な事ですが、

私たちが個人として日ごろから、木造家屋の耐震診断や、家具の転倒防止、窓ガラスの飛散防止など、

命を守る備えをしていく事も重要です。

ところで中日新聞にて、”俳句甲子園”についての特集記事が掲載されました。

Img_0009_3

私も幸田高校の卒業生として、後輩の活躍に喜んでいるところです。

3年連続で全国準優勝なので、来年こそは、優勝を目指して頑張ってほしいです。

ちなみに、明日は、議案説明と決算特別委員会が開かれます。

|

«幸田高校