« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

ヒアリング

財政課とヒアリングを行った。

帰宅後は、一般質問の原稿の作成。

議会で答弁する側ではなく、質問をする側だとはいえ、やはり、内容をしっかりと把握してなくてはいけない。

適当に作った質問や、原稿では、(少ないとはいえ)傍聴者や、ミクスを見ている人、私の日記を読んでくれる人、駅でチラシをもらってくれる人、将来、議事録を読んでくれる人に、私の想いが伝わらないと思う。

質問の一つ一つ、言葉の一つ一つを丁寧に考えていきたい。

第1質問はもう変更できないが、第2質問以降なら、財政の範囲内であれば、規制はないのだから。

|

2006年5月30日 (火)

セミナー二日目

昨日に引き続き、名古屋にある日本経営協会中部本部にて、公営企業会計講座を受講した。

自治体職員向けの講座なのだが、講師の方が、「議員はこういう勘違いをいて、議会で質問したりします」とか、「会計士やオンブズマンは、ここの数字を見ます」など、参考になる事がいくつもあった。

難しかったが、受講して本当に良かった。

帰宅後、報告書の作成。

早めに完成させて、一般質問の準備に集中したい。

|

2006年5月29日 (月)

セミナー

名古屋の日本経営協会中部本部にて行われた、地方公営企業会計講座を受講してきた。

公営企業とは市民病院や、水道局の事である。

講師の方は公認会計士なのだが、この講座は、自治体職員向けなので、受講者は県や市の職員ばかり29名の中で議員は私だけだった。

一人、岡崎市の職員もいるようだが、顔が分からない。

名簿には名前までは載っていないので、私の事も分からないかもしれない。

名古屋で開催される議員向けの講座は、議員になってからの1年半でほぼ受講してしまったので、今後、職員向けの講座や、日本経営協会の東京や大阪の講座を受講していく予定である。

一般質問の前は原稿作成に専念したいので、こういう講座を受講するのは迷ったが、財政についての質問をするので、時間はとられるものの逆に原稿作成に役立つかもしれないと思って受講した。

やはり、職員向けの講座だけあって、議員向けの講座よりも、専門性が高いのだが、原稿作成のヒントもあるので、受講して良かった。

帰宅後は、本日分の報告書を作成。

日にちが経ってしまうと、テキストを読んでもなかなか思い出せず、報告書を書くのにかなり苦労するので、なるべく早く完成させたいと思う。

明日もあるので、もう一日頑張ります!

|

2006年5月28日 (日)

原稿

一般質問の原稿作成をした。

いつものように頭の中にある流れを、誤字脱字も気にせずに、第3質問(発言)まで一気に書くのだ。

そして、その後に、言葉の一つ一つを丁寧に直したり、細かな数字に間違いはないかを確認したりしていく。

最終的は、話しやすいように、聞いてる人に伝わりやすいように言い回しを工夫していく。

そして出来上がったら、時間を計りながら読んでみる。

私の持ち時間である10分間を越えるようなら、省略できる部分を省いて短くしながら完成させる。

議事録に残るというプレッシャーがあるので、やはり適当には書けない。

正しい専門用語も使わなければいけないし、今回の勉強で一般会計と普通会計が若干異なる事を知った。

油断は絶対にしてはいけない。

まだまだ完成ではないが、じっくりと取り組んでいきたいと思う。

|

2006年5月27日 (土)

大運動会

上地学区・学校大運動会に出席した。

昨年は来賓としてのみの出席だったが、今年は町内の選手として二人三脚とムカデ競争をした。

心配していた天気は崩れる事もなく曇りの一日だったのだが、家に帰ると顔や首が赤く日焼けしていた。

開会式ではスーツ、競技ではジャージ、閉会式ではスーツと何度も着替えるのが少し大変だった。

でも、来年も楽しみである。

2006_0528hp0003

リレーのバトンを渡す瞬間

2006_0528hp0004

幼児の競争

2006_0528hp0007

迫力ある騎馬戦

2006_0528hp0009

閉会式の一コマ

|

2006年5月26日 (金)

質問通告書

財政課とヒアリング後、一般質問の質問通告書を議会事務局に提出した。

通告内容は、「財政について」

(1)一般会計の市債残高

(2)公債費比率

(3)本市の公債費比率は、類似団体12市のうちで低い方から何番目か

(4)一般会計、特別会計、企業会計を全て合わせた市債残高

と書いた。

これは、第1質問でもあり、この後に第2質問へと続いていく。

一般質問の日にちは

6月9日(金)7番目(早ければ15:30に始まると思う)である。

ミクスでも生放送されるので、ぜひとも見て欲しいと思う。

頑張ります!

|

2006年5月25日 (木)

ヒアリング

財政課、行政改革推進課と一般質問に関してヒアリングを行った。

明日は、質問通告の締め切りなのだが、私はいつも原稿の概要がある程度できてから通告をする。

私の考える一般質問の意味とは、まず第1に市民へのお知らせだと考えている。

市政の状況とか、事業の予定などを質問する事でミクスを見ている人、傍聴者、または市議会だよりで知ってもらう事である。

第2に、市政のチェックだと考えている。何か問題があった場合や変更した方がより良くなると思った場合に、行政を正していく機会である。

第3に、議員が政策や意見を発表する場だと考えている。

公の場で、政策を発言し、内容について行う気があるのかどうか行政に対して質問する場である。

私は、できれば意見や政策を発言していきたいと思っている。

|

2006年5月24日 (水)

名城大学卒業生

議会運営委員会を傍聴した。

質疑や意見はなく、6月定例会の日程などの報告であった。

その後、一般質問の準備。

いつもより資料が多い気がする。

夜は、名城大学にて行われた、卒業議員懇談会に出席。

愛知県内にいる県議や市議、町議ら20名ほどと、理事長や学長、校友会の会長らが集まった。

実は、岡崎の新海正春議員も同じ名城大学の交通機械学科の卒業生だという事を今日、始めて知った。

議員が一人ずつ挨拶したのだが、私が一番早口だった気がする。

街頭演説と、一般質問と、挨拶はそれぞれ、やっぱり話し方が変わると思うし、より良く変えていこうと思う。

終了後は、河村たかし代議士の元秘書で現在、名古屋市議会議員の則竹勅仁(のりたけくにひと)さんと焼きそばを食べに行った。

秘書の頃も含めて、言葉を交わしたのは4度目ほどと少なく、以前から色々と話したいと思っていたので、やっと念願が叶った。

情熱溢れる話を聞き、私自身も身を引き締めて頑張っていこうと思った。

|

2006年5月23日 (火)

コロネット

総務文書課に行った。

その後は一般質問の準備。

そして、同級生の小木曽君が来庁したので話を聞いた。

美合町にあるタイヤショップヒッツの社長でもある小木曽君は、現在、岡崎青年会議所の会員なのだが、6月22日(木)18時からシビックセンター内のコロネットにて行われる、三重県伊勢市の赤福の会長を招き地域貢献をテーマにした基調講演の責任者となっている。

1円単位の会計を計算したり、チラシやポスターの発注、来場者の動員等、毎日(毎晩)なんらかの作業があるとの事。

その基調講演をぜひ聞きに来て欲しいという話だった。

伊勢神宮の観光客が年間で20万人と低迷していたのを受け、”おかげ横丁”という古い街なみを再現したお店通りを建設、運営し、年間300万人にまで増やす事ができた事など、街づくりのヒントにもなるかもしれない。

無料でもあるし、ぜひ楽しみにしようと思う。

|

2006年5月22日 (月)

都市計画審議会

都市計画審議会に出席した。

さくら台地区計画の変更についての議案と都市計画マスタープランについての報告があった。

さくら台地区は民間開発の住宅地であり、市街化調整区域内にある。

よって、地区計画を定め無秩序な開発を抑制することで環境の整備を推進するとの事。

その後は財政課とヒアリングをし、公園緑地課にも行った。

|

2006年5月19日 (金)

新市計画検討特別委員会視察

新市計画検討特別委員会の視察に18日、19日と行ってきた。

昨日の一日目は茨城県水戸市の”水戸元気プランについて”であった。

水戸市は第5次総合計画の策定中に市長が変わり、内容を大幅に見直し、市長の選挙公約等を取り入れた後に”水戸元気プラン(第5次総合計画)”を平成17年に発表した、

一番の特徴は”50万都市構想”である。

水戸市は現在、県庁所在地ではあるが、人口は岡崎市の36万人よりも少ない27万人である。

このまま少しずつ増えていっても10年後に28万人になると予想されている。

そこで、近隣市町村との合併により、まずは30万人を超え中核市となり、その後50万人以上の政令指定都市を目標に掲げている。

ただ、合併する事だけが目的ではなく合併しなかったとしても、近隣市町村との交流・ネットワークの強化をしていく事を含めて”50万都市構想”と呼ぶとの事。

今後の水戸市を見ていきたいと思う。

二日目は茨城県日立市の”都市計画マスタープランについて”であった。

日立市は南北に細長い市であり、市を通る国道が限られており渋滞に悩まされている。

また、戦後に発展してきた経緯で4ヶ所ほどのブロックに市街地や工場が分散しており、その境目が未整備で現在にも支障をきたしている。

ただ人口が、昭和60年の20万6千人をピークに現在は19万人ほどに減少している。

今後もこの減少が続く事を踏まえて、市全域を整備していくのではなく、コンパクトな街づくりをしていくとの事。

たしかに、整備を広げていっても人が居なければ意味はなくなってしまう。

10年先、20年先を読む事は難しい事ではあるが、少子化の現代においては、確かに、無駄のない様に先を見る目も大切な事だと思う。

2006_0519hp0004

日立市役所内での視察風景

そして、帰宅後の19時頃にとある方から電話があり、今から私に話したい事があると言うので自宅に来るのを待ち対応をした。

宗教の勧誘ではないとの事であるが、やはり簡単に返事はできない。

私は、「今は会社員ですが将来、議員になりたいので政治の事を教えてください!」といった情熱溢れる若者とか、「いつもホームページの日記を読んでます。ぜひとも応援をしたいので後援会に入会します!ボランティアもなんでもします!」とかいう人を待っているのだが、もう少し時間がかかるようだ。

来るまで待ってみようと思う。

|

2006年5月17日 (水)

来客

市役所にAさんとA君がそれぞれ来庁したので対応した。

そして、”図解よくわかる自治体財政のしくみ”を読んだ。本当によくわかる本である。

先日読んだ”やさしい自治体財政””自治体財政はやわかり”と続いてこれで3冊目だ。

明日から茨城県水戸市、日立市と視察なので移動中に読もうと思う。

気分転換に”さおだけ屋はなぜ潰れないのか?”という会計学の本を読むかもしれないので、これも一応持っていこうと思っている。

|

2006年5月16日 (火)

公園

公園緑地課に行ってとある要望をしてきた。

最近、公園緑地課へ色々な用事で行く事が多い。

そして、市民協働推進課で調べ物。

やっと、色々な職員の方に顔と名前を覚えてもらいつつあるようだ。

部長や課長クラスになれば、接する機会も多いし、議場で顔を合わすので大抵覚えてもらえているのだが、若ければ若いほど知られていない気がする。

順番に各課を回って勉強しながら顔を覚えてもらおうと思う。

|

2006年5月14日 (日)

ポンプ

地元の福岡消防団の辞令交付式に来賓出席した。

同級生の団員もいるのだが、小学校の校庭で向かい合っているとなんとなく恥ずかしい気もした。

動きの一つ一つがビシっと決まっていて見ているだけでも緊張してくる。

2006_0514hp0001

ポンプ操法の場面です。

その後は懇親会にて色々な方とお話させて頂いた。

念のために書くが、車で行った事もあり、お酒は一滴も飲んでいない。

いつも、こういう場では注ぐのが私の仕事である。

そして、夜は上地学区防災防犯協会連合会の総会に来賓出席した。

市の消防本部予防課長が講師として、「自主防災組織の重要性」という講和があった。

その中で、1人の人間を助けるのに平均で10人の助けがいるという話が出た。

実際に新潟中越地震で4日間も生き埋めになっていたゆうたちゃんを救出するのに何十人ものレスキュー隊が苦労していた映像をニュース等で見た人もいると思う。

自分の安全を守る事が、その分だけ他の人の救出の為になるという事なのだ。

とても勉強になった。

|

2006年5月10日 (水)

幸田町役場

幸田町役場の財政課に行ってきた。

丁寧に疑問や質問に答えていただき、まだまだではあるが、勉強が進んでいる。

北海道のニセコ町や、福岡県赤池町などの遠くの自治体へ数年後には視察に行くかもしれないが、すぐ近くでも色々と勉強になる自治体はある。

私が、幸田高校の卒業生だという話もしながら、色々と教えてもらった。

そして、市役所の公園緑地課に行った。

その後、昨日作成した、5月と6月に受講するセミナーの計画書を、議会事務局に提出。

そして、Aさんのご自宅に行き、とある事を報告した。

すべてを詳細に日記に書ければいいのだけれど・・・

|

2006年5月 9日 (火)

相談

今日は公園緑地課で話を聞いた。

そして、Mさんのご自宅へ行き、相談事を受けた。

そして、他のMさんのご自宅へ行き、先日の頼まれ事の報告をするつもりだったが、報告よりも先に、事が進んでいたので、お礼を言われた。

|

2006年5月 8日 (月)

ヒアリング

市民課と財政課でそれぞれヒアリングを行った。

6月の一般質問の準備を今からしていこうと思っている。

いつも、知識ゼロの状態から始めて、勉強しながら質問や意見を考えて原稿を作っていくのだが、前回は、原稿が100パーセント完成したのが、当日の朝だった事を反省した。

そこで、なるべく早めに、なるべく深い部分までじっくりと考えていきたいと思っている。

私は、秘書の頃や選挙前に市役所に来て、議会の傍聴や政策を考える為に各課で色々な資料をもらっていたのだが、その事を覚えていてくれたという話題になった。

食堂前で、「一般市民の方ですか?」と食堂に関するアンケートを聞いてくる職員もいれば(笑)、選挙前から私の動向を気にしてくれている職員もいる。

たまに、自分の知名度の低さを痛感する時もあれば、今日みたいに嬉しく思う日もある。

|

2006年5月 6日 (土)

友人

友人達8名で午前中は法律の勉強会を行った。

全員かどうかは分らないが、ビジネス実務法務検定の3級を受検する予定である。

法律の勉強会を通して、世の中のしくみやトラブルになった時に慌てないような知識を身に付けていきたいと思う。

そして午後は、午前とほぼ同じ友人達と空手や柔道などの武道練習会を行った。

身体を鍛えたり、護身術を身に付けたり、またはダイエットなど目的は色々かもしれないが、4時間みっちりと練習を行い最後は組手も行った。

良い汗をかくと気持ちがさわやかになる気がする。

そして食事もおいしく食べられるのだ。

|

2006年5月 4日 (木)

ホームページ

友人の自宅へ行き、ホームページの変更の仕方を教えてもらった。

1年前にホームページビルダー講座を受講したのだが、ほとんど忘れてしまっていた。

しかし、受講していないよりは、幾分かマシで、手元にテキストがあるだけでも理解しやすかった。

そして、3月9日から約2ヶ月間止まっていたカウンターを目の前で直してもらった。

今後は、簡単な文字の変更ならば自分でやれそうである。

友人だからとはいえ、いつまでも甘えていてはいけない。

秘書時代に代議士から多くの事を言われた。

議員がする事と、秘書がする事と、支援者がする事の中で、なるべく支援者にやってもらえと言っていた。

確かに、国会議員は選挙区も広く、議員自身も東京と地元の往復でかなり忙しい。

秘書の人数の限られた事務所であれば、なおさら支援者に手伝ってもらわなければ、普段の活動も小さなものになってしまう。

しかし、市議会議員レベルであれば、私は、なるべく自分でやれる事はやろうと思っている。

色々とする事があるからとあきらめずに、自分で色々と工夫する事で効率の良い仕事の仕方は見つかってくるし、自分自身の処理能力も高まる事になる。

また、新しい発見もあったりする。

良い事の方が多い気がするのだ。

|

2006年5月 3日 (水)

親戚

親戚一同が集まる日だったのだが、体調が悪かったので欠席した。

なぜか、私は、正月とかゴールデンウィークなどに体調を崩す事が多い気がする。

早く、治したいと思う。

|

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »