« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月29日 (土)

勉強会&練習会

午前中は、友人らとビジネス実務法務検定のために、法律の勉強会を行った。

午後は、ほぼ同じメンバーで空手や柔道の練習会を行った。

少しずつ、知識と技が高まってきている。

もっと頻繁に行えればいいのだけど、やらないよりは、全然良いと思っている。

| |

2006年7月28日 (金)

岡崎駅東口

JR岡崎駅東口にて駅立ちを行った。

これで、やっと17ヶ所全てで行う事ができ、ほっとした気分である。

今年は雨の日が多かった。

演説のみであれば、雨の日でも全然かまわないし、実際に行った事は何回でもある。

しかしチラシを配るとなると、濡れて文字が読めなくなってしまうかもしれないし、傘を持っている人は、なかなかチラシを受け取りにくいものである。

本日も、私が配っている場所よりも先の方で英会話のチラシを配り始めたので、それからは、もらってくださる方が減った気がする。

なかなか、理想通りの完璧な事などは無いので仕方がない。

素通りしていく同級生もいれば、10年以上に久しぶりに会う同級生などが立ち止まって励ましてくれる事もある。(一瞬、誰だか気付く事ができなくてごめんなさい!)

本当に嬉しい事である。

今週は、急に人に会う用事が何件も入ってしまったのだが、やっと時間が作れたので、現在、行われている知立市議会議員選挙の激励に行ってきた。

選挙運動ができるのは明日の1日だけである。

最後まで頑張り通して、当選してほしいと思う。

| |

2006年7月 4日 (火)

東岡崎駅北

名鉄東岡崎駅北側交差点で駅立ちを行った。

この場所は市の関係者が沢山歩いて来るので、少し恥ずかしい気もするのだが、気にしても仕方がない。

そして、道路維持課と安全安心課にて、それぞれ要望を伝えた。

その後はAさんと話をさせて頂いた。

とっても勉強になりました。有難うございました!

| |

2006年7月 1日 (土)

市制施行90周年記念式典

岡崎市民会館にて行われた市制施行90周年記念式典に出席した。

石川優助役は、今日から初仕事なのだが、式典の開会の言葉を言う前には、会場から「おおー」という声も起こっていた。

 

本日は、神田真秋愛知県知事も来賓出席していたが、いつもは代理ばかりなので、直接、ご本人を見るのは、私が刈谷市に事務所のある民主党衆議院議員の秘書時代に、知事選挙の決起集会に参加して以来、3度目だと思う。

 

当時の知事選挙では、民主党も自民党所属の神田知事に推薦を出したので、秘書だった私は、通常の業務で大変忙しく日々、寝不足だった中、名古屋の会場まで行き、私も含めた参加者全員で神田知事のイメージカラーの(たしか)ピンク色のハチマキを頭にしめた記憶がある。

そして集会の参加者を増やすために、「支援者を数名連れて来るように」という指示もあったため、普段、お世話になっている支援者の方々に依頼をしてみたのだが、

「どうして民主党が自民党の候補に推薦を出すの?」

とか、

「なぜ、民主党から民主党独自の候補を立てて、神田知事と政策論争をさせないの?」

等々、大変、厳しくも仰る通りのご意見を何人もの方々から頂いた。

私自身も全く同じ事を考えていたのだが、政党に所属する国会議員や秘書は、党の幹部が決定した事柄に従わなければならず、対立政党の集会への動員や、時には、対立政党の候補のパーティー券も売らなくてはいけない事もあった。

普段は”政権をとる事を目指して”心身共に疲弊させながら仕事をしているのに、これでは何のために秘書活動をしてきたのか分からなくなってしまう

 

さらに議員本人で言えば、本来、市民のため、国民のために議会で行う質問準備などが、他政党の候補の選挙の手伝いをさせられてしまい後回しになってしまうという事である。

こういう事から、政党に所属する際には、政治理念や政治思想がほぼ同じである事に加えて、時には普段、対立しているライバル政党の仕事をする事になるリスクを負う覚悟をするべきだと考え、

私自身は、秘書を退職すると同時に民主党の党員を辞めて、無所属で岡崎市議会議員選挙の準備を始めた理由の一つになった訳である。

 

2006_0701hp0003

 

 

 

2006_0701hp0005

 

 

 

 

式典終了後は、町内約700件の方々に、6月議会に行った一般質問での私の質問と担当部長の答弁を掲載した議会報告のチラシ配りを行った。(本日は300件ほど)

「議員が普段どんな活動をしているのか分からない。」と考える市民の方々が多いと思うので、文字ばかりで読みにくいかもしれないが、私のチラシを読んで少しでも活動内容を知って頂けたらと心から願っている。

 

近所の若松公園では、明日の学区球技大会に向けて小学生達が小さな身体で一生懸命、練習を行っていたので、私自身も「頑張ろう」という気持ちになった。

子ども達には「丈夫で健康な身体」、「機転の利く頭脳」、「他人と上手に向き合えるコミュニケーション力」の三つをバランス良く育んで欲しい。

| |

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »