« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

純情きらり

ついにNHK連続テレビ小説”純情きらり”が最終回を迎えた。

岡崎が舞台であるドラマは、もう無いのかもしれないと思うと寂しい気もする。

全部の回を見る事はできなかったが、私が一番に感動したシーンは、達彦が、ジャズバンドの名古屋公演に出演した桜子の演奏を聴いている時に、桜子と一台のピアノを一緒に弾いた事や戦地に赴く汽車の中から「音楽を忘れるな!」と桜子に叫んだ事等々、もの凄く沢山の想い出を振り返りながら涙を流し、戦争でしばらく会っていない間に荒んでしまった達彦の心がだんだんと開かれていく場面だった。

最初は、心配していたが、とても良いドラマだったと思う。

もちろん、本日の最終回もしっかりと見ておいた。

そして、先日、竜南中学校の体育大会の時に、グランドのフェンスでスーツがひっかかって縫い目がほつれてしまい、修理に出していたので受け取りに行った。

やはり、ここでも純情きらりの話題が出た。

そして、岡崎公園の坂谷橋にて行われた”純情きらり手形の道”除幕式に出席した。

式典には、有森勇太郎役(桜子の弟)を務めた、松澤傑(まつざわすぐる)さんが来ていた。

2006_1001hp0002

挨拶をする松澤傑さん

2006_1001hp0003

式典後、大勢のファンに囲まれてサインをしている所

2006_1001hp0005

坂谷橋にある松沢傑さんの手形

「かっこいい!」とも言われていたが、「かわいい!」という声の方が多かった気がする。

松澤さんを生で見るのは、奥殿陣屋でのロケ以来2度目であるが、その時よりも髪の毛が伸びていた事もあり、更にかっこ良さが増した様に見える。

松澤さんの手形以外にも、もちろん、宮崎あおいさんら出演者10名分の手形がある。

岡崎公園内には4ヶ所あり、他の6ヶ所は八丁味噌の辺りが怪しいらしい・・・

興味のある方は探してみてください!

| |

2006年9月22日 (金)

各派代表者会議

各派代表者会議が行われた。

その中で、福祉会館に設置してある1階から2階へのスロープを撤去する事が報告された。

その理由として、エレベーターがすぐ近くにあり、利用者がほとんどいなく、床面の有効利用が図られていない事などがある。

平成19年5月には、1階には受付カウンターが設置され、2階の部屋が広くなる。

そして、政務調査費に関する確認事項があった。

平成18年4月1日に一部改正された岡崎市職員等の旅費に関する条例によって、調査研究活動の間、直前、直後の昼食費が、政務調査費として使用する事ができずに、自分で払わなければならない事である。

ちなみに、私の場合は、研修に行っても、昼食代や地下鉄代なども政務調査費で払えたのにも関わらず、使ってこなかったし、これからも使う気はなかったので、結局、何も変わらないのだ。

そして、夜は、FMおかざきのパーソナリティ養成講座を受講した。

「アエイウエオアオ」と発声練習をする時に、全員で言う時は良いのだが、1人ずつ言う時は、めちゃくちゃ緊張する。

大きな声が出ないし、声も震えてしまう。

そして、震えている自分の声を聞くと、益々、緊張してしまうのだ(笑)

そして、「憐れむ 憐れみ お憐れみ」と言う時も、1人で言う時には何故だか、かみまくってしまい、全然言えないのだ・・・

街頭演説や、議会で発言する時とは全然、異なる。

こんなに、言葉の一つ一つをしっかりと発音する事なんて生まれて初めてである。

受講生が16人いるのだが、皆、本当に上手い。

たぶん、私が、一番ヘタなんだと思う。

けれども、恥をかくのが嫌だからといって、辞めたりはしない。(実はちょっとへこんでいたりするのだけど・・・)

これを克服できれば、半年後にはパワーアップした自分になれるのだから!

| |

2006年9月21日 (木)

お好み焼き

決算特別委員会を傍聴した。

平成17年度岡崎市の一般・特別会計の決算の認定について

一般会計各款別質疑

特別会計の各会計別質疑

平成17年度岡崎市病院事業会計の決算の認定について

予算執行結果、決算審査結果の説明に対する総括質疑及び収入・支出の一括質疑

平成17年度岡崎市水道事業会計の決算の認定について

予算執行結果、決算審査結果の説明に対する総括質疑及び収入・支出の一括質疑が行われた。

そして、夜はアイプラザ岡崎にて行われた、岡崎青年会議所主催の講演を、友人に誘われたので聴きに行った。

講師は、大阪から始めたお好み焼き屋「千房」を現在、海外にまで広めている中井政嗣代表取締役であった。

落ちこぼれの若者を雇い、何人もバリバリの幹部にまで育て上げてきた経験談などを各地で話しているとの事。

自分自身も共に育っていく「共育(きょういく)」という言葉も印象的だったが、強弱が激しく飽きさせない話し方も特徴的だった。

人から学べる事は、沢山あるのだ。

| |

2006年9月 8日 (金)

本会議

決算特別委員会設置、議案説明、総括質疑、委員会付託が行われた。

そして、夜はFMおかざきにてパーソナリティー養成講座に出席。

本日から、月に2回、2月までの半年間、話し方等を学ぶ事になる。

そこでは、単なる早口言葉の練習みたいなものをするだけではなく、自己表現に関しての学問的な事も学んだりするとても奥が深い講座である。

私は、子供の頃、人前で話すのが本当に苦手だった。

同級生なら知っている人も多いと思うが、今の仕事をしているのが自分でも不思議に思っている。

しかし、街頭演説、一般質問に始まり、式典での来賓挨拶など人前で話す機会が多く、今では、苦手とは思っていない。

そこで、自分が一体、どこまで話し方を極められるか試してみたいのだ。

10月以降、受講生が番組内で話す事があるかも?

| |

2006年9月 2日 (土)

辻立ち議員連盟

先日、依頼した看板を取りに行った。

そして、碧海辻立ち議員連盟の懇親会に出席。

辻立ち議員連盟とは、刈谷市議会議員の神谷まさひろさん、先日、2期目を当選したばかりの知立市議会議員の林いくおさん、安城市議会議員の石上まことさん、今回、欠席だった安城市議会議員の永田あつしさん、そして私を含む、街頭演説を行う市議会議員であって自民党、民主党、無所属の党派を越えて構成されている。

といっても、普段の活動は特になく、数年に1度、懇親会を行うのみで、通常は自らの街頭演説に力を入れている連盟である。

他市の議会の様子や、情報交換、そしてなによりも情熱をわけて頂いた。

林いくおさんの、「視線は常に市民の方を向いているべきで決してぶれてはいけない」という言葉で、自らの姿勢を再認識させていただいた。

また、日記の文字が小さいという意見があったので大きくしてみたのだが、どうなのだろうか。

そして、中断して後回しにしてしまっていた町内のチラシ配りを明日、必ず行う事をここに宣言しようと思う。

日記に書いてしまえば、やりたくなくてもやるしかないのだから。

| |

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »