« ワガママ | トップページ | 気付いた! »

2008年4月 4日 (金)

政務調査費の使い方

竜南中学校入学式に来賓出席しました。

2008_0404hp0001

新入生代表誓いの言葉

2008_0404hp0003

竜南中学の生徒によるオーケストラ

ちょっと席を立って近寄って写してしまいました・・・

2008_0404hp0005

校内に咲いてた桜が満開でした!

そして市役所に行き、選挙管理委員会にて調べ物。

そしてごみ対策課にて調べ物。

帰りに本屋に寄って調べ物。

帰宅後は、市民オンブズ岡崎からのアンケートの回答を以下の様に簡単に書きました。

質問①視察旅行における旅費については実費弁償が筋だと考えますが、岡崎市旅費条例にあるからといって、実際に利用していないのに特別車両料金(グリーン料金)を支出して良いとお考えでしょうか。

私の回答

実費弁償にするべきだと考えます。

(私は研修で旅費を使う場合には、すでに実費弁償(使った代金ちょうどの金額)にしていますし、金額を計上せずに、もらっていない電車代もあるぐらいです。)

質問②交通通信費のうちガソリン代、電話代について一部の市議会議員は給油明細、電話使用明細書を添付されているにもかかわらず、すべての議員の利用した給油明細、電話使用明細書が当然現に発行されているにもかかわらず、実態に基づかずに、金額一律支給することが適当だとお考えでしょうか。

私の回答

領収書を提出するべきです。金額については研究が必要だと考えます。

(質問内にあるように、すでに私はガソリン代・電話代の領収書を添付して、領収書の完全公開をしています。金額について一律にするのは実態に合わないと思いますが、厳密に実態を選別するのは大変だと思います。ただ、一律で良いのか、金額は妥当か、実態に近づけるにはどういう計算方法が良いのか、今後、研究が必要だと思います。)

質問③会場に料理屋を選択し、食事代のみ支払っているような支出は違法と判示(平成20年2月4日名古屋高裁金沢支部判決)されていますが、これを研修研究費と認められますか。

私の回答

認められません。

(私は、この様な政務調査費の使い方をした事がありませんし、今後もしません。)

質問④パソコン等備品購入に多額の政務調査費が支出されていますが、平成16年9月18日当時の自民新風会が346,290円でプロジェクターを購入したうえで、10月の改選で会派を解散し、会派を継承したはずの自民清風会は平成17年8月8日にプロジェクター(298,000円)を再び購入するという不可解な支出を行っています。備品を受け継いでいないように見受けられます。間に購入したプロジェクターは従前の自民新風会のある特定な個人の動産となっているのではないでしょうか。あまりにも不自然な購入です。一定額(1万円)以上の備品購入は認めないようにするお考えはありませんでしょうか。

私の回答

金額ではなく、政務調査に使うかどうかで判断するべきだと考えます。

(私は、先日パソコンを個人で購入し、市役所控え室でインターネットでの政務調査や、研修の報告書作成に使用しています。しかし、

①パソコンを政務調査以外にも使用する可能性がある事。

②パソコン購入金額の何割かを政務調査費から支出とする事も考えましたが、どこまで政務調査で使用するのか実態が区別しにくいし、いちいち今日は何時間分の政務調査で使ったのかみたいな日報を付けるのも手間がかかり過ぎる事。

③パソコン代金が高額な事。

④市民感情に対する配慮。

という理由などから、パソコンに関して政務調査費からの支出は一切、やめておきました。)

質問⑤交通通信費のうち、プロバイダー代金は各議員個人宅で契約されているとすれば、代金は定額になっており、その利用は政務調査に限られません。支出についての説明責任が果たせません。政務調査費の支出項目から除外すべきと考えられますが、どのように考えておられますでしょうか。

私の回答

インターネットで政務調査を行うのであれば、政務調査費として支出するのは問題ないと考えます。金額については研究が必要と考えます。

(私は、自宅でインターネットによる政務調査を行っていますが、質問④での回答とほとんど同じ理由から、政務調査費での支出を一切しておりません。しかし、インターネットでの政務調査の割合が実態に近い金額で計算できるのであれば、プロバイダー料金の何割かを政務調査費から支出を行いたい気持ちはあります。)

ちなみに、市民オンブズ岡崎からの質問への回答をパソコンのワードで書いた場合は、政務調査にあたるのでしょうか・・・

手書きにした場合には、紙とペンは政務調査として使った事になるのでしょうか・・・

元々、市民からの税金から支払われている政務調査費を正しく使う事は当たりまえの事です。

私は、自分なりに気を使って、使い方を考えています。

しかし、必要以上に政務調査費に関して神経質になる事は、本来の活動の妨げになる気がします。

市民から見れば、もっと他の事にエネルギーや時間を使って欲しいと思う方がいると思います。

100%の市民からの支持を受ける事は難しいとは思いますが、私は政務調査費の使い方に自信をもっています。

| |

« ワガママ | トップページ | 気付いた! »