« 手伝い | トップページ | しくみ »

2008年11月10日 (月)

帰宅

本日、一旦帰宅しました。

山梨県はちょっと寒いです。

特に夜の街宣カーは窓を全て開けて走っているので、物凄く寒くなります。

しかし暑いです。

というよりのです。

何かというと候補を始めとしたスタッフメンバー達の事です。

P1170079

土曜日に選挙事務所に到着すると、まず驚く事がありました。

スタッフの中には、なんと私を含めて5名の若い市議会議員県議会議員が日本各地から来ていました。

そして、まだまだ今後も6名の議員が手伝いに入ります。

こんなに多くの議員が、単なる事務所での来客対応とかでもなく、実動部隊のスタッフとして手伝っている市議会議員選挙なんて見たことがありません。(正直うらやましいです・・・)

それと選挙の手伝いを何度もやってきたスタッフも居たりしてお金を受け取らないプロ中のプロが何人も集まっています。

例えば、私が自分の選挙でやりたかった、事前の報告活動と駅での街頭演説と電話がけと街宣カーと選挙ハガキを連動させて、上手に相乗効果を生み出せる手法をとっています。

もちろん候補本人が新人だったり準備が万全ではない部分もあったり、まだまだ課題はありますが、必ず良い結果が出ると信じています。

南アルプス市民の選択を信じています。

昨日は、告示なのでポスター貼りがありました。

実は、私はポスター貼りは4度目と以外と経験が少ないのです。

1度目は秘書時代に手伝いに入った安城市議会議員選挙の時に、ポスター貼りのボランティアがどうしても1ヶ所の掲示板の場所が分からずに代わりに張りにいった事や、

2度目は4年前の7月に行われた参議院議員選挙です。

その時は自分の選挙前で無職の時です。

たしか20枚ほどのポスターを貼りました。

そして3度目は2ヶ月前の自分の選挙の時です。

旧額田町と合併してポスターを貼る場所は増えてしまったのですが、ボランティアの数を集められず、選挙が始まって3日目の夜の10時頃に旧額田町まで自分自身で10枚ほど貼りに行ったのです。

雨の降る真っ暗な闇の中で、車のライトで照らしながらポスターを貼りました・・・

そして今回は全く地理の分からない山梨県南アルプス市です。

22枚ずつのポスターを持って2人1組で13チームに分かれて貼りに行きました。

すると何と地元の友人チームよりも、私が運転するチームが一番早く張り終わったんです。

高校の山岳部時代に培った地図読みが発揮できました。

色々と経験する事は何かで役立つんでしょうね。

今朝は、7時から交差点で通行車に朝の挨拶。

ラクダ色のジジシャツなど沢山着こんでいても寒いです。

8時からは交差点で候補が演説をして、その後、候補が乗った自転車の後をマイクで話しながら街宣カーでゆっくりとついていきます。

そして仕事中の人や農作業中の人、洗濯物を干している人などを見つけると候補は自転車を降り、私は街宣カーから降りて全力疾走

市民一人一人に握手をして挨拶をしていきます。

午前中だけで100人ぐらいは握手したかもしれませんね。

時には畑の中を走ったり、小川を飛び越えたり、10メートル程の土手を駆け上がったりと、とにかく走って走って走りまくります。

そのうちに汗だくになってきて前髪の先から汗のしずくが落ちたりもします。

調子に乗って全力疾走したり、声を張ってマイクで話したりしているうちに左膝や喉が痛くなってきました。

しかし、この南アルプス市の選挙に手伝いに行って良かったです。

一旦、岡崎から遠く離れた場所で初対面ばかりの人達と、一つの事に真っすぐに打ち込んで目標に向かって皆で頑張っていく事で、

人間の事が大キライになりかけていたのに、また、人の事をスキになれそうです。

この、私の心のリハビリにはとっても良い環境かもしれません(笑)

たまに、”自分の事を強運だと思う”と日記に書いていますが、この南アルプス市での手伝いは、本当にタイミングが良かったです。

初日の晩には大イビキの2重奏に一睡もできなかった事なんてどうでもいい事なんです(笑)

そして、もし、この日記を読んで

”岡崎市議会議員なら、何日も岡崎から離れていないで、岡崎の市政などを勉強しろ”

と思った方。

もちろん、自分の住む市政の勉強等をする事は私自身も以前の日記で書いている通りに、集中してやっていきたい事なんです。

もっと言ってしまえば、たとえ岡崎市内に居たとしても朝早く起きて駅で演説をしたり、何千件もの家のチャイムを押したりする事よりも、市の資料を読んだり更に知識を増やすなどの勉強をしたいです。

しかし、選挙に勝たなくては議員にはなれません。

そして多くの労力を必要とする選挙を手伝ってくれた議員がいる場合には、選挙を手伝う事で恩返しをしなくてはいけないですよね。

という事は、岡崎市民のボランティアが沢山増えれば、他県や他市の議員に手伝いを頼む事が無くなるので、私自身も他県や他市の選挙の手伝いに行かなくて済む事になります。

そうすれば本来の市政の勉強に専念できますよね。

という事で、今、この日記を読んでいる岡崎市民の皆さん。

4年後の選挙では、ぜひお待ちしております!

|

« 手伝い | トップページ | しくみ »