« 政策集団 | トップページ | お通夜 »

2009年2月26日 (木)

0円

愛知県庁の選挙管理委員会まで”大原まさゆき後援会”の平成20年収支報告書を提出しに行ってきました。

政治団体の収支報告書の提出期限は3月31日なのですが、3月末にもなると、物凄い人数の順番待ちになります。

なので、年明けから早めに作成しようとずっと思ってはいたのですが、

日記には書きませんでしたが、群馬県まで市長選挙の手伝いに行ったり、議会基本条例設置特別委員会の勉強や宿題があったりとなかなか収支報告書の作成にとりかかれませんでした。

それと、昨年秋の自分の選挙の片付けがまだ完全に終わってなかったりもします・・・

しかし本日、収支報告書は無事に提出できて気持ちが軽くなったので、3月定例議会に専念できます。

1年分の領収書を計算する作業はとっても面倒なので、ついつい先延ばしにしてしまうんです・・・

しかも昨年の様に選挙のある年は、後援会の活動も活発になります。

例えば、リーフレットと呼ばれる後援会入会の案内パンフレットや、ホームページにも掲載しているマンガのデザインなどなど、色々とお金を使いました。

ちなみに、昨年の日記にも書きましたが、誰からも寄付金はもらっておらず0円です。

そして、余ったリーフレットを古紙回収業者に持っていったところ929円もらえたので、平成20年の収入総額は929円です。

もちろん、929円ではリーフレットもマンガのデザイン代も払えないので、結局、私の財布から出す事になります。

デフレスパイラルという言葉ありますが、

景気が悪くなると、物が売れない

物が売れないと企業の利益が下がる

企業の利益が下がると社員の給料が下がる

社員の給料が下がると物を買わなくなる

以下繰り返し・・・

という不況の悪循環の事です。

なので、経済にとっては、お金はどんどんと多くの人や多くの企業の間をグルグルと回った方が景気は良くなります。

しかし政治や選挙に限っては、お金はグルグルと回らない方が良いと、私個人は思っています。

なるべく寄付金をもらわず、なるべく選挙にもお金をかけず、なるべくお金が動かない方が良いと思うのです。

ただ、純粋な寄付金であれば全く問題はありませんが、個人的な頼み事とセットの賄賂をもらうのは、もう政治家失格ですよね。

そして、選挙に必要なお金がもっと少なくなれば、資金の無い人でも選挙に挑戦しやすくなると思います。

明日は公衆衛生センターで人間ドックを受けるので、今夜9時以降から絶飲食になります(悲)

3年前はバリウム検査を受けたのですが、後ほど友人から

「俺の嫁の友達が公衆衛生センターで働いてるんだけど、大原がバリウムに苦戦してたって言ってたよ。」

と言われました。

そういう仕事上で知った内容を外で話すのはやめてくださいね。

| |

« 政策集団 | トップページ | お通夜 »