« 仮定 | トップページ | ぶれ »

2009年3月30日 (月)

浄化能力

農業集落排水施設 宮崎処理場完工式に出席しました。

今まで宮崎地域(旧額田町)では、各家庭のトイレのみ各浄化槽で処理をしてもらっていましたので、台所や風呂の残り湯などが乙川にそのまま流れていました。

それでも、家の数が少なかった時期は、川の浄化能力によって川の水が綺麗になっていましたが、人口増加に伴って川の能力を超えてきてしまいました。

そこで、処理場を作り、トイレだけでなく家庭から出る全ての汚水を集めて処理をする事で、川を綺麗にし、農業用の用水としても安全に使う事ができます。

2009_0330hp0001

テープカット

2009_0330hp0002

乙川太鼓の演奏

2009_0330hp0003

宮崎小学校3・4年生全員(6名)による”宮崎処理場について調べた事”の発表

2009_0330hp0004

市長挨拶

|

« 仮定 | トップページ | ぶれ »