« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月19日 (月)

総務企画委員会

総務企画委員会に出席しました。

本日は、豊田市の都市内分権についての視察でした。

豊田市では、平成17年10月に地域自治区条例が制定・施行され、地域自治システムが導入されました。

これは、各町内会に地域会議(20名)を設置し、各地域で行う事業についての予算執行権を与えられたものです。

予算執行権には2種類あり、5名以上のグループ活動については1年間500万円まで、地域予算提案事業については2000万円までを上限とし、

事業を行うかどうかを地域内で提案・審議・決定するものです。

なので簡単に書くと、市長の執行権限を2500万円まで各地域に認める事であり、

市議会議員のチェックは、地域自治システム全体の予算(約2億円)については行えますが、個別の事業については各地域での決めごとなので行えません。

という事から、市長や職員の目の届かない細かな地域での事業を地域住民で考えて実行していくシステムなのです。

ただ、景気が良くて市税収入が多ければ、自分の住む地域を今よりも暮らしやすくするという事業を、地域住民で考えていく事は意義があると思います。

しかし、景気が悪くて市税収入が少ないのであれば、市全体で考えた時に、他にお金をかけるべき事業もあると思います。

2500万円の使い道を、市民が試されているのかもしれませんね。

|

2010年4月18日 (日)

外国籍から日本国籍への帰化

昨日、日本武道館にて、

外国人参政権に反対する1万人集会

が開かれました。

国民新党自民党みんなの党たちあがれ日本などの国会議員が参加。

外国人参政権に反対している有権者は、以上の党の中から参議院議員候補を選べば良いんですね。

しかし、外国人参政権をすすめる民主党からも松原仁衆議院議員など4名の参加がありました。

そして集会の中では、石原慎太郎東京都知事が、

「与党を形成しているいくつかの政党の党首とか大幹部は、帰化した人かその子どもが多い。」

と発言をしました。

党首って、社民党の?

大幹部って民主党の?

謎は深まるばかりです。

しかし、帰化人が国会議員の中に多いとするならば、外国人参政権を推し進めようとする理由につながります。

誰が日本人で誰が帰化人なのかはっきりさせて欲しいですね。

そして、帰化人だったとするならば、日本のための政治家として活動しているのか、祖国や在日同胞の利益のために活動しているのかを見極めていきたいと思うのは、私だけでしょうか・・・

この集会は、初代内閣安全保障室長の佐々淳行さんや、ジャーナリストの櫻井よしこさんらが呼びかけ人となり、

国会議員24名、市区町村長・議員715名を含む1万257人が参加したとの事です。

ちなみに私は、上地学区PTA総会と、PTA役員歓送迎会に出席をしました。

そして本日は、上地学区福祉委員会総会に出席しました。

|

2010年4月16日 (金)

政務調査費

昨年度の政務調査費収支報告書を作成しました。

あとは、3月分の携帯電話使用料の領収書が届けば、それを貼って完成です。

岡崎市議会では、電話代・ガソリン代を合わせて、1ヶ月に2万円までもらえます。

しかし、この電話代・ガソリン代だけは領収書の添付が義務付けされていません

なので、もしかすると電話代・ガソリン代を合わせて2万円を超えない場合には、差額をおこづかいにする事ができてしまいます。

という事から、いくら領収書の添付が義務付けされていなかったとしても、私は領収書を添付しているのです。

そうする事で、はじめて”領収書の全面公開”と言えますよね。

この領収書の全面公開は、私が市議になってから毎年きちんと収支報告書の提出と同時に行っています。

そして、河村名古屋市長が国会議員だった当時の女性秘書が、愛知県議会に当選したときに、

会派内の他の議員とは異なり、政務調査費の領収書の全面公開をした事で、マスコミで騒がれた時よりもずっと前から行っています。

おそらく、40名いる岡崎の市議の中で、電話代・ガソリン代の領収書をきちんと添付しているのは私を含めて3名ぐらいだと思います。

私は、年間で60万円を先払いでもらえる政務調査費の全額を無理に使おうとは思っていません。

昨年度は約25万円使ったので35万円の返還になります。

携帯電話使用料の領収書が届きしだい、来週あたりに、議会事務局に提出します。

|

2010年4月13日 (火)

交通安全

防災防犯対策推進特別委員会がありました。

本日は岡崎警察署にて、交通事故と犯罪についての講習を受けた後、

国道248号線にて、ドライバーに対してチラシ等を渡す”交通安全活動”を行いました。

P1010201_6

P1010153_2

P1010157_2

P1010212

|

2010年4月12日 (月)

逮捕

先日、数百万円のワイロをもらった疑いで幸田町議会議員1名と、ワイロを渡した疑いで業者の役員ら2名の合わせて3名が逮捕されました。

今後、起訴された場合に裁判が行われて有罪の判決が出た時に初めて犯罪者となるので、今の段階では疑わしい被疑者という立場となります。

なので今の段階では、逮捕された3名を犯罪者と呼ぶことは、まだできません。

しかし、議員がワイロをもらった事が事実だとしたなら、決して許される事ではありません。

同じ議員である私の立場から言えば、とても迷惑な事です。

例えば、政治家が人を殺した場合には、

政治家なのに・・・

と思いますよね?

そして、政治家が強盗をした場合にも、

政治家なのに・・・

と思いますよね?

しかし、政治家がワイロをもらった場合には、

「やっぱり政治家らしいね。」

と思う人が多いのではないでしょうか・・・

ただでさえ、政治不信が広がっているのに、

どうせ政治家なんて裏でお金もらったりして、全員、悪い事ばかりしてるんでしょ。

と考える人が増えてしまいますよね。

そして、政治家の不祥事が起きる度に、有権者が選挙に行く気が無くなってしまうと思います。

私自身も過去には、

どうせ、選挙に行っても何も変わらないし、政治家達だけで勝手にやってろよ。

みたいに蔑んだ気持ちを持っていました。

しかし今では、政治に対してあきらめてしまったら、益々、政治は悪くなっていく事に気が付きました。

何故かというと、選挙に行かない人が増えてしまったら、選挙に行く人というのは、候補者と利害関係のある人ばかりになってしまう可能性があるからです。

また、今回のケースに当てはまるのかは分かりませんが、特定の業者だけが利益を得たりする事があるかもしれません。

そうならない様に、どの候補者とも利害関係の無い有権者が、市政を託したいと考える人に投票をする必要があります。

そして私自身も、有権者から見て、ふさわしい政治家になる為に、(自分で言うのも何ですが)議会活動をしているつもりです。

さらに、「政治家は悪い事ばかりしている。」と言われている中で、本来の当たり前の政治家として活動して、政治を良くしていきたいとも考えています。

なので、

有権者の政治不信を無くして投票率を高めること。

政治家としてふさわしい人が大勢、立候補すること。

という、政治を良くする2大要素をどうしたら良いのか、常日頃から考えている者にとっては、

今回の事件は、本当に事実として犯罪があったとしたら許せません。

犯罪の詳細は、良く分かりません。

しかし、

市道の認定

という議案については過去に岡崎市議会でも何度もありましたが、

記憶に違いが無ければ、反対した議員は居なかったように思います。

今回の事件に関しては、既に道路があるのに、議員がわざわざ反対する理由は無いと思うんです。

という事から、逮捕された議員が他の議員に対して、議案に賛成する様に働きかけを行わなくても、自然と全員の賛成で可決されたと思います。

なので、ワイロを渡した業者の役員は、そういった事を知らずに渡したのでしょうか・・・

推測で書いていますので、違うのかもしれませんが、もしかすると、ワイロをもらった議員としては、

他の議員に働きかけもせずに、業者の望む”市道の認定”はスムーズに可決されるだろうし、

ただ、お金をもらうという楽チンなワイロだったので、回りにもバレにくいと考えていたのでしょうか・・・

今後、起訴された場合に裁判の中で明らかになってくると思いますが、本人が罪を償えば、それで終わる訳ではなくて、

議員が不祥事を起こす事で、政治不信を更にすすめる材料になってしまい、

回りに大きな影響を与えてしまう事を自覚して欲しいと思います。

そして、こういった事件が起きる事で、政治に対して不信を抱いてしまうのではなくて、

また、仮に政治に不信を抱いてしまったとしても、政治を良くする気持ちを、多くの人に持っていてもらいたいと思います。

さらに、2年半後に、岡崎市議会議員選挙があります。

自分自身の手で、岡崎市の政治良くしたい考える人多くの挑戦を強く望んでいます!

今、この日記を読んでるアナタ。

「もし、自分が立候補しても落選してしまうんじゃないか?」

という心配は全くいりません!

何故なら、資金も、知名度も無く、学区の推薦や労働組合などの組織も無く、政党にも所属していないという、

本当に何にも無いこんな私でさえも、2回の選挙に当選しているからです。

きっと大丈夫happy01

|

2010年4月11日 (日)

行事

先週から、上地学区社教委員会総会、葵桜の会、上地小学校の入学式、竜南中学校の入学式、若松東友愛クラブ総会などに出席しました。

4月の土・日は全て行事でスケジュールが埋まっています。

本日は、上地学区スポーツ少年団開講式に来賓出席しました。

スポーツを通して、健康、協調性、忍耐力などを養って、将来、自分の夢や目標に向かって努力できる人になってもらえたらと思います。

|

2010年4月 1日 (木)

スタート

Aさん、そして議員志望のHさんとお会いしました。

私よりも若い人が政治の世界に挑戦する事は嬉しく思います。

そのうちに岡崎市民の皆さんも知る事になると思います。

そして、4月といえば新年度が始まる月です。

私にとって、4月といえば6月議会の一般質問に向けての準備を開始する月になります。

私が行う一般質問は、

提案・要望

の一般質問です。

岡崎市で行っていない事業行った方が良いと思う事業を提案して要望しています。

仮に、提案・要望をせずに単なる質問を聞く場合であれば、市民の皆さんにお知らせしたい事です。

いつも知識がほとんど無い状態から、深いところまで一気に調べ上げて

難しい言葉でなく分かりやすい言葉を使って、そして、説得力を持った表現を心がけています。

しかし、一般質問の終わった後には、いつも、

もっと、違った表現の仕方があったな・・・

とか、

もう1点、違う方向から質問をしておくべきだったな・・・

とか反省ばかりなので、やっぱり、なるべく早めに準備を開始する必要があるのです。

そこで、まずは一般質問のテーマ決めを始めました。

過去に他の議員が質問していないかを調べたり、岡崎市として事業を行っているかいないか等の状況を調べる事をしています。

|

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »