« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月31日 (月)

昨日の午前中は休みの市役所控室で原稿作成。

午後は、りぶらの芝生広場で開かれた”康生NEXT会議 2”を聞きに行きました。

これは、岡崎都心再生協議会岡崎まち育てセンターりたの協力で開かれている会議で行政が主体ではありません。

2回目のパネリストとしては康生地区に出店している経営者ら8名が招かれ、それぞれの康生への思いを話していました。

中には、100年続いている老舗のお店もあれば、開店1年未満の若い経営者もいます。

会議の内容を一言で表すと”皆困っていました”。

今朝は、名鉄 宇頭駅にて街頭演説

いつもは一般質問が終わって、チラシ配りとともに始めるのですが、今回はチラシ配り無しで演説だけを早めにスタート。

なぜかというと6月24日(木)から参議院議員選挙が始まって、街頭演説ができなくなるからです。

もちろん参議院選挙が終われば、再び街頭演説はできるのですが、間を置いてしまうと私の中の人のテンションが下がってしまうので、選挙前に完了させたいのです。

そうなると、17ヶ所分の17日間を6月23日(水)から逆算して、予備日を二日間設けたとすると、今日から始めなければならないのです。

あまり居ないと思うのですが、私のチラシを読みたいと思っていた市民の方、すみません・・・

そして、市役所で一般質問に関するヒアリング。

そして財産管理課、総務文書課、建築指導課にて調べ物をしました。

丁寧に教えてくださった職員の方々ありがとうございます。

本日の昼食も、またまた康生にでかけました。

今回は、かに本家

の斜め前のシビコ西広場でお弁当を食べました。

このお弁当ですが、シビコ1階の道路向けで出店している小さなお弁当屋さんで買いました。

昨年の11月から康生に新しくできた交番の角の小さな店で売っていたのですが、今年の4月にシビコ1階に移ってきたそうです。

若いお兄さんが一人で頑張っている店の500円の日替わり弁当は、焼いた鮭がとても美味しかったです。

今後の康生地区での営業はかなり厳しいかと思うのですが、頑張ってほしいです。

ちなみに、店員さんと少し話していた時に、知らないお婆様が

ここのお弁当美味しいのよ。」

と話しかけてきました。

どうやら固定客がいるみたいですね。

最近、康生で昼食をとってきたのは、一般質問での私の発言の罪滅ぼしの代わりです。 ほんの少しですが、売り上げに貢献したいと考えたからでした。 本当にほんの少しですみません・・・

|

2010年5月28日 (金)

台湾

25日(火) 財政課、政策推進課とそれぞれヒアリング。

26日(水) 滋賀県長浜市に日帰りで視察。

27日(木) 香川県高松市に日帰りで視察。

28日(金) 原稿作成。5冊目の書籍を読み終える。

と、日記を書く暇がない程の多忙な日々を過ごしていました。

今回の、私の一般質問は6月4日の最終日となりました。

という事から、原稿作成にはある程度のゆとりができました。

しかし、ゆとりができた分だけ、市街地活性化の先進事例をどうしても見ておきたくなり急遽、視察に行く事にしたのです。

私は、個人で研修には何度も行ってきましたし、議員向けの研修を受け過ぎてしまい、受ける講座が無くなってしまったので、県や市の職員向けの研修を受けてきた程です。

今回、委員会以外で視察に行くのは初めての事です。

ただし、視察といえども交通費などの費用は全額、自腹です。

というのも、政務調査費で視察に行くには事前に申請しておかないといけないので、申請用紙を書く暇がなかったのと、

交通費の領収書をもらうのが面倒だったのと、

少しでも市の財政節約に貢献したかったのと、

最後に、これが一番の理由ですが、

自分のお金を使う方が、より真剣になって視察ができて、その分、自分の知識になると考えたからです。

といっても、視察先について、原稿の中で触れるのはほんの少しですが、関心のある方は質問当日の日記で、質問と答弁を掲載するので読んでみてください。

そして、猛威をふるっている口蹄疫ですが、台湾から義援金300万円が宮崎県に渡されました。

外国からの義援金は今のところ台湾だけらしいです。

台湾の人達にはとても感謝しなくてはいけませんね!

過去には戦争が終わり、日本人が台湾から引き上げた入れ代わりに中国人が移住しました。

その時に、元々、台湾に住んでいた人達を今では本省人とか内省人と呼び、後に中国から移住してきた人達を外省人と呼ぶそうです。

その本省人には親日派が多いと聞きます。(ちなみに政治や経済等の力が高いのは全体の人口の20%しか居ない外省人だそうです。)

今後も、何かあった時にはお互いに助け合える仲でいきたいですよね。

台湾中国との問題をゆっくりと調べてみたいと思っていますが、なかなか時間が取れません・・・

お互いにミサイルで牽制しあっている台湾と中国ですが、最近になって、台湾がミサイル開発を重視する様になってきたとの事です。

何でも、日本の普天間基地問題が長引いていて、今まで抑止力を持っていた米軍を頼りにできなくなってきた事と、

中国の軍事力が高まっている事から、台湾は自分の力で自国を守る考えが強くなってきたとの事。

沖縄問題は周辺国にも影響を出しているんですね。

決して奇麗事では済まない”防衛”に関して、日本は今のままで大丈夫でしょうか・・・

明日は、上地小学校で学区・学校大運動会があります。

|

2010年5月24日 (月)

通告

政策推進課、財政課にてそれぞれヒアリング。

そして6月議会一般質問の通告をしました。

今回のテーマは、①財政について中心市街地についてです。

午後は、一般質問を行う順番を、今回、質問希望者22名の議員でくじびき。

私の順番は、6月4日(金)の5番目となりました。

一人の持ち分が50分間なので、全員が持ち分を使いきれば、私の番は午後3時ぐらいですが、おそらく少し早まって午後2時30分ぐらいではないかと勝手に予想をしています。

そして岡崎警察署に行き、駅での演説用に、道路使用許可の申請をしました。27日には、受け取り可能との事でした。

そして、後援会の会員等への”一般質問のお知らせハガキ”の印刷。

今、プリンターで印刷をしながら、この日記を書いています。

印刷が完成したら郵便局に出しに行きます。

|

2010年5月23日 (日)

休日の市役所で一般質問の原稿準備。

本を読めば読むほど、ネットで調べれば調べるほど、今回のテーマは道筋が分からなくなってきます。

多くの知識と多くの疑問と多くの説明と、反対説が入り混じってきます。

しかし、もう少し調べきってしまえば、確実な部分と、不確実な部分とに明確な線引きができると思います。

なので今が一番しんどい時ですが、頑張ります。

|

2010年5月22日 (土)

コンサート

休日の市役所で一般質問の準備をしました。

そして、昼食時にはまたまた街なかパトロール

平日よりも若干、人出が多い気がします。

康生のシビコ西広場では、

おひさまコンサート

が、街なか賑わい創出事業として、NPO岡崎都心再生協議会の主催で行われていました。

出演は、ヴァイオリンとピアノのデュオで、伊東かおりさんと岸田絵美さん。

無料で誰でも聴けるおひさまコンサートには、60名ほどの観客が居ました。

会場横にはFMおかざきの車があり、見慣れた人が機材の調整をしていました。

生中継でもしているのかと、車に戻り、ラジオのチャンネルをFMおかざきに。

すると、同じ生中継でも、大樹寺のメガワールドというメガネ屋さんのスタジオからの生中継で全然違う番組でした。

どうやら、メガネ屋さんの駐車場に”DJタワー”という2階建てのオープンスタジオがあるらしいです。

愛知県在住のファッションモデル中川愛さんがパーソナリティーをしていました。

大樹寺の近くを通った時にはDJタワーを見てみたいと思います。

岡崎市民でも岡崎市内で知らない事が沢山ありますね。

|

2010年5月21日 (金)

一戸建て

本日も、昼に市役所を出て街なかパトロール

康生を歩いてみると、

”こんなところに一戸建ての民家があったんだ。”

などの新しい発見がいくつかあります。

そして、財政課とヒアリング。

帰宅途中に、駅で配るチラシ用の用紙を先日、注文しておいたので受けとりに行きました。

|

2010年5月20日 (木)

りぶら

引き続き一般質問の準備をしています。

4冊目の本を読み終えて原稿作成。

来週の月曜日が通告締切りなので、それまでには最低でも質問の順番ぐらいは決めておかないといけません。

昼には市役所を出て、街なかパトロールを兼ねて外食をしました。

本日は、康生にある”かに本家

の斜め前にあるカレー屋さん

美味しいランチを食べました。

そして、図書館交流プラザりぶらで調べ物をしました。

|

2010年5月19日 (水)

再会

政策推進課にて一般質問のヒアリングを行いました。

本日は車で市役所を出て外食し、そのまま街なかをいつものパトロール(?)

帰り際に籠田公園前を通ると、ご無沙汰しているMさんがバスを待っていました。

車を停めて話しかけると、げんき館のプールにリハビリに行くところとの事。

そこで市役所に戻るついでに、げんき館まで車で送っていく事になりました。

Mさんは助手席に乗り込むと、

ところで、あんたとはどこで一緒だったかねえ?

と聞いてきました。

私は日頃、何があっても動じないように心がけているので、かなり戸惑いながらも、

大原です。本当にお久しぶりですね!

と名乗って、私とMさんとの接点を明るく説明しながら、頭の中では病気のせいなのか何なのかフル回転です。

すると、Mさんは、

最近、知り合いの事を忘れてしまってて、すまんなあ。

と申し訳なさそうな照れ笑いをしながら言いました。

入退院を繰り返したり、色々と体調が悪い事などを話していると、Mさんが、ふいに、

下の名前はまさあきだっけ?

と聞いてきました。

一文字違いましたがそれだけ思い出してくれただけで十分です。

私の1期目の選挙の時にとても熱心に応援をしてくださったMさんの体調が悪い事までは知ってましたが、

訪ねても留守ばかりだったのは入院してたからなんですね・・・

他界した私の父と同じ年生まれのMさんには、早く全ての病気が完治して欲しいです。

|

2010年5月18日 (火)

財政

総務企画委員会に出席しました。

本日のテーマは”本市の財政について”でした。

財政課長から、市債の推移、現在の財政状況などの説明がありました。

私が6月議会で行う一般質問の内容と重複している部分があるのですが、支障は無いので、このまま準備をしていきます。

財政課長の説明の中には、「今後、公共施設が増えていく事で、さらに運営費や維持費が増えていく事が心配されるので注視していく。」という発言がありました。

|

2010年5月17日 (月)

時代

政策推進課にて、一般質問のヒアリングを行いました。

いつも、昼食は市役所の食堂を利用していますが、本日は気分を変えて外出してみました。

どのお店に入ろうか迷っているうちにいつの間にか康生に到着。

康生を車で通る事はあっても、歩く事はほとんど無いので、来る度に変わる街並みに驚く事があります。

結局、シビコ地下で600円の天ぷら定食を食べました。

すがきやでは10人ぐらいの行列ができていたので、すがきやの変わらない人気にちょっと嫉妬(笑)

私の後援会に入りたい人が自宅前に行列を作ってくれる事は絶対にありませんしね・・・

それにしてもイオンのフードコートの規模等と比べてしまいますね。

そして、歩いてシビコ西側の買い物広場や、2階が閉鎖されているセルビの中、セルビ南側のプロムナードを通って、旧流水プールだった図書館の前で方向転換。

旧メルサだった高層マンション、シャッターの降りた松坂屋の横を通り、市役所に戻りました。

岡崎市民にとって、康生には沢山の想い出があると思います。

しかし、時代の流れに逆らう事はできません。

私たちは前を向いて歩んでいくしか無いんだと思います。

|

2010年5月12日 (水)

6月の一般質問について財政課とヒアリングを行いました。

そして明日から、防災防犯対策推進特別委員会の視察に行きます。

13日(木)は東京都三鷹市

        防犯について

14日(金)は東京都板橋区

        防災基本条例について

という内容になっています。

個人的には、一般質問の準備に専念したいところですが、こんな事を書いたら怒られてしまいますね・・・

ところで、元マラソン選手の”Qちゃん”こと高橋尚子さんが、民主党からの参議院議員選挙への出馬要請を断っていたそうです。

断った理由は、

政治の勉強をした人が国民の代表になるべき。

だとの事。

この当たり前普通の発言を、何人ものスポーツ選手やタレント候補に聞かせたいですね。

立候補に関しては、立候補する自由があります。

投票に関しても、投票する自由があります。

けれども、知名度だけでタレント候補が何人も当選している世の中をおかしいと思うべきです。

知名度だけのタレント等が立候補するのは自由ですが、落選する可能性が高いのが普通だと思うんです。

しかし、今の現状はタレント候補は当選の可能性が高いです。

これは、タレント等としての人気と、政治家としての資質・能力を勘違いしている人が日本全国に大勢いるからだと思うんです。

今後、タレント候補に負けない様な、きちんと政治家としての能力をアピールできて当選できる候補者が増えていく事を強く願いたいです。

政治家は国民を映す鏡です。

日本の近い将来が心配で仕方がありません。

そして、宮崎の口蹄疫問題ですが、殺処分対象となった牛や豚は7万7千頭を超えてしまいました。

しかし、実際に殺された牛や豚はまだ1万頭程度との事です。

まだまだ被害は広がっていくのでしょうか?

とうとう自殺者も出てしまったそうです・・・

殺処分できるのは獣医師に限られており、この獣医師の人数や注射器などの道具、埋立地などが全然足りないらしいです。

どうして政府は国をあげて口蹄疫問題に当たらないのでしょうか?

私が先日、読んだ新聞では、宮崎の畜産農家に対する補償についてのみの記事が書かれてありましたが、

今は、感染が広がっている宮崎県の現状と、足りない物資、足りない人材、今後の被害予測を記事に書いて、政府がどうするべきかを国民に広く知らせていくべきだと思います。

|

2010年5月11日 (火)

激励

本日、控室で一般質問の準備をしていると、Yさんが、

仕事の邪魔して悪いなあ。ちょっと市役所に用事があったから寄ってみたんだけど。

と訪ねてくださいました。

いつもは、とても元気なYさんですがどうやらひどく疲れている様子。

詳細は分かりませんが、どうやら人と人との調整役をいくつもやっているそうです。

状況も良く分からないですし、私は気の利いた上手な励ましの言葉が見つからず、Yさんの言葉に頷くだけでした。

しかし、それでもYさんは、

やっぱり若い人と話すとエネルギーを分けてもらえるなあ。ありがとう!

と言ってくださいました。

そして帰り際には、

できたらワシの目の黒いうちがいいが、大きな政治家になっとくれよ。ワシが死んでからでも良いけどな。

と笑って言ってくださいました。

お礼を言うのは私の方です。

年々、ギスギスしてきている今の世の中で、励ましてくださる方々の存在は有難いです。

そして、ごくたまに激励のメールも何人かの方から頂く事がありますが、私の活力になっています。

本当に有難うございます。

|

2010年5月10日 (月)

3冊目

先週は6月の一般質問について、財政課とヒアリング。

本日は、政策推進課とヒアリングを行いました。

そして、一般質問に関連する本を2日に1冊のペースで読んでおり、今は3冊目に入りました。

現在、インターネットや書籍、過去の議会議事録を読んで経緯背景現状を調べながら、自分の考えをどのような言葉で質問にするかを考えています。

そして本日、控室に居ると、外線で市民から電話がありました。

「はい。議員控室です。」

女性「ちょっといいですか?今、岡崎の市民は何人か知ってますか?」

「37万・・・えーっと、調べますので少しお待ち頂けますか?」

女性「きちんとした数字が頭に入ってないのね?」

「すみません。細かな数字までは・・・」

女性「市民の最新の数が頭に入ってないなんて、ちゃんと仕事してるの?」

女性「37万6千人よ。37万人なんてアバウトな数字しか言えないなんて、だめなのよ。6千という数は大きな数字よ!」

と怒られました・・・

|

2010年5月 9日 (日)

消防団

福岡消防団辞令交付式に来賓出席しました。

いつもながらポンプ操法ではキビキビとした頼もしい動きが見られました。

今後とも、訓練等大変だとは思いますが宜しくお願い致します。

|

2010年5月 8日 (土)

口蹄疫

皆さん、口蹄疫(こうていえき)って知ってますか?

などがウィルスによって感染し、発熱、多量のよだれ、足をひきずる症状が見られ、

発症した場合には、治療法が無く、殺処分するしかない病気です。

この病気は人には感染の心配はありません。

この口蹄疫が、宮崎県にて3月初旬に感染の疑いのある牛が見つかり、国内では10年ぶりに口蹄疫が発生してしまいました。

しかも、この2ヶ月の間に次々と発症例が見つかり、感染の疑いのある約6万頭の牛や豚が殺処分対象とされるなど過去には無い大きな感染問題になっているのです。

口蹄疫が発生した農家は、5年間、家畜を飼う事が禁止され、事実上の倒産になります。

また、4月27日には、和牛肉の輸出を禁止する事になったので、他の畜産農家への打撃が考えられます。

こんなにも大きな問題をテレビや新聞はほとんど報道していません。

なぜなのでしょうか?

そして、10年前の口蹄疫発生の時と違って、いまだに政府の動きが無く、消毒薬が一つも政府から宮崎県に届いていないとの事です。

どうして、民主党政府はこんなにも動きが悪いのでしょうか?

ゴールデンウィークによって宮崎県に多くの人の出入りがあったと思われますが、

このウィルスは非常に感染力が強いので、今後、人による他県への感染もとても心配です・・・

ちなみに、韓国にて2000年に口蹄疫が発生して以来、日本は韓国産の豚肉の輸入を禁止していましたが、

昨年の民主党政権が誕生した直後の9月28日に、9年ぶりとなる輸入再開がされていました。

そして今回の口蹄疫ウィルスは、今年、韓国や香港で発生した口蹄疫ウィルスの遺伝子と酷似しているとの事です。

沖縄の米軍基地問題もそうですが、国内の感染問題に対処せずに、また、実際にウィルスをわざわざ外国から感染させていたのであれば、今の民主党政府に政権担当能力はありませんね。

|

2010年5月 5日 (水)

土地転がし

本日も、休みの役所内の控室にて一般質問の準備

かなり経緯と状況が分かってきました。

とりあえず疑問点をいくつも羅列したので、明日から職員とヒアリングを行って、原稿にまとめていきます。

たまに、人に物を聞く場合に、事前に自分で何も調べずに1から10まで全部を聞こうとする人がいませんか?

私はなるべくなら、自分で下調べをして、その上で分からない部分を聞くようにしています。

ところで、沖縄の米軍基地に関して鳩山首相が「最低でも県外」と言っていましたが撤回する事になりましたね。

衆議院選挙前の公約でもある発言を信じて投票した沖縄県民の怒りは大きなものだと思われます。

そもそもアメリカという相手のある事柄であって、国外や県外へ米軍基地を移設するのは難しい事です。

それを、選挙前の人気とりのために軽々しく言うべきではありません。

私自身、こういった政治家の言動や行動を良くみながら反面教師としていきたいと思います。

報道では、普天間基地の一部機能を鹿児島県徳之島に移し、沖縄県の辺野古には新たな滑走路を作るなどの記事があります。

そこで少し気になる事があるのですが、民主党の小沢一郎幹事長が、2005年11月に、辺野古に5200平方メートルの土地を5000万円で買っているそうです。

まさかここを滑走路として、買った値段よりも高く売るとかはないんでしょうね・・・

|

2010年5月 4日 (火)

ゴールデンウィーク

本日も、休みの役所に来て控室で、6月の一般質問に向けた準備をしています。

やっと、議事録のまとめが昭和60年から平成21年12月議会まで辿り着きました。

という事で、議事録のまとめをさらにまとめる作業や、書籍インターネットでの調べ物という次の段階に移ります。

私には、どうやらゴールデンウィークは関係ないようです・・・

|

2010年5月 3日 (月)

休み

本日も、休みの役所の控室で作業をしました。

一般質問の一つ目のテーマは、過去の議会では一度も取り上げられた事がありませんが、

二つ目のテーマが、過去に何度も取り上げられているので、議会議事録を読み、必要な部分だけを資料として残しながら経緯や背景を勉強しています。

別に、皆が休んでる日にわざわざ仕事をする必要は全く無いのですが、早く資料をまとめて原稿作りにとりかからないと間に合わないんです。

やろうと思えば、職員に経緯と背景をまとめてもらって、当日の質問では、現状今後の方針を聞くだけという簡単な質問作りもできます。

しかし、そんな質問をしても意味がありませんよね。

なので、私は一般質問に提案提言追求を盛り込む事をしています。

ただ、こういった提案、提言・追求を盛り込んだ原稿を考えるのが難しいんです。

簡単に思いついた事を適当に言う訳にはいきません。

いくら議員の議会での発言に、関心を持ってくれる市民が少ないからといって手抜きはできませんよね。

という事で、しっかりと下調べを自分自身で行っていく必要があるのです。

そうすると、どうしても時間がものすごくかかってしまうんです・・・

そんな資料作成も、昭和60年から平成16年まで20年分をまとめる事ができました。

平成16年といえば私が初当選した年であり、12月議会は、私が初めて登壇した議会です。

ついつい寄り道して、私の一般質問を読んでみましたが、とても懐かしく、当時、必死で資料を読んだり担当の職員とヒアリングした事を思い出しました。

そして、本来の岡崎の歴史の勉強も、かなり経緯が分かってきました。

38年以上、岡崎に住んでいますが、知らない事って沢山あるんですね。

残りの5年分は私も議場で聞いているので、記憶に少しでも残っていれば、そんなに読む労力はかからないかと思います。

明日も頑張って資料作りをします。

|

2010年5月 1日 (土)

歴史

6月議会で行う一般質問のテーマを二つ決めました。

一つは、過去の議会で何度も取り上げられているテーマなので、議事録で経緯を勉強しています。

最初は、今の柴田市長が初当選した平成12年から順番に読んでいたんです。

しかし、どうせならと思い、昭和58年まで遡ってから読み始めました。

こうなってくると歴史の勉強みたいです。

材料になりそうな議員の質問や市長・職員の答弁をコピーしてワードに張り付けて資料を作っている途中ですが、まだまだ平成21年は遠いです・・・

今回の私の一般質問は、テーマは同じでも、過去に無い視点を持って発言する事になりそうです。

ただ、一部の人からは怒られてしまうかもしれません・・・

しかし、市民の全てに同意を得る事は無理ですよね。

例えば、出産や結婚についての事業で恩恵を受けるのは若い人が中心ですし、

女性のみについての事業であれば男性にはほとんど関係ありません。

スポーツについての事業でも、スポーツをしない人から見れば税金の無駄使いに見えるかもしれません。

これらの様に大抵の事業について恩恵を受ける人と受けない人に分かれてしまいます。

けれども、財政状況の厳しい中で、お金の使い道を切り詰めていくのは当然の事ですよね。

もうしばらく深いところまで勉強して説得力のある内容にしたいと思います。

|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »