« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月25日 (水)

救国

昨日は、6月議会で行う一般質問の通告を提出しました。

4月上旬から質問事項の準備を進めてきましたが、やっと一次質問の項目を決める事ができました。

今回の一般質問のテーマは、

① 放射線被曝対策について

 岡崎市における放射線被曝対策の現状と、今後の対策への提言を行います。

② 翔南中学校用地について

 針崎町の工場跡地を市が購入し、新しい中学校が建設されますが、購入金額、学校グラウンド地下の調整池の危険性、県道岡崎幸田線における通学路の危険性、工場操業時の矢作川からの取水パイプが、道路地下に埋まったままになっている事について等を質疑します。

そして、質問日が、6月6日(月)の6番目となりました。

早ければ午後3時30分頃から始まり、遅くとも午後4時には私の出番となります。

そして本日は、まずは電車で名古屋駅まで行き、高島屋11階の書店に行きました。

ここで、岡崎市内の書店では売っていなかった原子力に関する書籍をやっと発見できました。

インターネットで買おうか迷っていたので、見つけられて良かったです。

そして、新幹線で東京まで行き、池袋駅近くの豊島公会堂にて開かれた

パチンコ違法化・大幅課税を求める議員と国民の会 設立大会

に出席しました。

パチンコの問題点はいくつかあります。

①国民が不幸になる問題

・依存症を引き起こす人がいる。

・借金を重ねる人がいる。

・パチンコ店の敷地内にATM等がある。

・まともに働く気を失くす人がいる。

・パチンコに夢中になった親による子どもの放置死。

②外交・防衛問題

・パチンコマネーが北朝鮮に渡り、核兵器開発等の資金源になっている。

③パチンコが問題提起されない問題

・パチンコマネーがマスコミの大スポンサーになっていて、パチンコの事を悪く報道できない。

・パチンコマネーが政治家への寄付金になっていて、パチンコ業界が擁護されている。

・警察官僚によるパチンコメーカーへの天下り。

などなど書いていけばキリがありません。

実際に民主党の菅直人首相は、パチンコ店オーナーの韓国人から寄付金をもらっています。

しかし、東日本大震災が起きてしまった事から追及されずにウヤムヤになってしまい、菅首相は、どさくさに紛れてこっそり返金しています。

また、韓国や台湾では、国民への悪影響が大き過ぎる事から、法律によってパチンコが禁止されました。

国会議員が立ち上がらないのであれば、パチンコとしがらみの無い市議会議員らが活動するしかありません。

名古屋はパチンコ発祥の地と言われていますが、パチンコ違法化・大幅課税を求める国民の会に賛同する地方議員が、

愛知県の中では、私一人なのが寂しいです・・・

本日は日帰りだったので、午後8時30分に会場を出発。

往復の新幹線の中では寝るつもりだったのですが、本日、購入した本が読みやすかったので、1冊読み終えてしまいました。

それにしても、知れば知るほど放射性物質は恐ろしいですね・・・

新幹線代はもちろん自腹です。

そして、順調に乗り換えができ、自宅に着いたのは深夜0時過ぎでした。

賛同議員の中には、飛行機で往復している人もいて、日本を救いたいという熱い想いを感じました。

そして、設立大会のインターネット生中継を観て激励メールをくださった方々、勇気をもらえました。

有難うございました!

明日は、担当課とのヒアリングを行い、その後、支援者の方々への、一般質問のお知らせハガキの印刷をします。

そして、原稿の作成が進んでいないので頑張ります。

|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »