« ステレオタイプ | トップページ | 閉会日 »

2012年3月22日 (木)

初めての意見聴取会

昨日は、総務企画委員会を傍聴しました。

質疑の中では、JR岡崎駅近くの空き用地を子ども科学館(事業予定費40億円)の候補地として、土地活用の調査を民間企業に800万円で委託する予算の説明等々がありました。

そして、本日は防災基本条例設置特別委員会に出席しました。

回覧で各家庭にチラシが回ってきたかと思いますが、私達が1年間かけて策定してきた条例案についての市民意見聴取会を行います。

岡崎市議会では、議員自らが条例策定を行っているのは、私も策定委員会のメンバーとして参加した議会基本条例に続いて、この防災基本条例で2例目です。

しかし、市民意見聴取会を行うのは、岡崎市が誕生して90年以上経ちますが、初めての事です。

議員が市民に対して、「議会や委員会の傍聴に来てください。」と言うのは簡単ですが、私達が議会の外に出て、市民の皆さんと意見交換を行うのは、良い事ですよね。

聴取会の内容は、

・防災啓発映像の視聴

・挨拶、出席者紹介

・概要説明

・意見聴取

となっており私達、委員会のメンバーがそれぞれ分担して、受付概要説明、質問者へのマイク回し等を行います。

開催時間は、午後7時~午後8時30分

開催会場は、

4月11日(水) 東部市民センター  (大原まさゆき説明員)

4月12日(木) 額田会館       (大原まさゆき受付)

4月17日(火) 大平市民センター  (大原まさゆき欠席)

4月18日(水) 岩津市民センター  (大原まさゆきマイク回し)

4月19日(木) 矢作市民センター  (大原まさゆき欠席)

4月24日(火) 六ツ美市民センター (大原まさゆき説明員)

4月25日(水) 南部市民センター  (大原まさゆき説明員)

4月26日(木) 福祉会館       (大原まさゆきマイク回し)

となりました。

多くの市民の方々が参加されます事をお待ちしております。

ところで、愛知県が東北被災地のガレキの焼却埋め立てを、碧南市の中部電力敷地内で調整し始めました。

正式決定すれば、約1年かけて処理場の建設をするとの事。

私としては、放射性物質の人体への影響がまだ不明確な部分があり、全国の各自治体でのガレキ処理と埋め立てには反対であり、

東京電力と国が、責任を持って福島県付近で処理を行い、近隣住民の他県への避難サポートを行うべきだと考えています。

そして、三重県でもガレキの処理が検討され始めましたが、どうして国は、無理やりにもガレキを全国で処理させたいのでしょうか。

マスメディアでは、

”ガレキの存在が復興の妨げになっている。”

”日本人なら、全国でガレキを受け入れて、復興に協力するべき”

という論調が多い気がしますが、本当に全国処理が必要なんでしょうか?

例えば、被災地の地元自治体では、こんな声があります。

岩手県岩泉町長 「もともと使ってない土地がいっぱいあり、処理されなくても困らないのに、税金を青天井に使って全国に運び出す必要がどこにあるのか。」

岩手県陸前高田市長 「陸前高田市内にがれき処理専門のプラントを作れば、自分たちの判断で今の何倍ものスピードで処理できると考え、そのことを県に相談したら、門前払いのような形で断られました。」

宮城県知事 津波浸水域での県道整備などが実質的にゼロ回答だったため、「前に進もうとしているのに、国が後ろから袖を引っ張っている。」と強い不満を表明。

全国処理する運送費よりも、地元で処理場を建設する方が安いのではないかという話もあります。

私も実際に、昨年8月に宮城県南三陸町までガレキ撤去の個人ボランティアに行った際に、

海辺に物凄く大量のガレキが積まれているのを、直接、見てきました。

しかし、「その土地にガレキがあるから、復興の妨げになる。」という状況には決して思えません。

さらに、公益社団法人 全国産業廃棄物連合会にて、平成16年の時点で、「災害廃棄物処理体制構築マニュアル」が作成されており、被災ガレキの全国処理の取り組みが示されていますが、

もしかして、放射性物質があろうと無かろうと処理業者による利権を環境省と自民党と民主党が後押ししてるという事なのでしょうか・・・

また官僚による業者への天下りや、業者から政党への献金があるのでしょうか・・・

こういう状況を”政官業(政治家・官僚・企業)の癒着”と言います。

全国産業廃棄物連合会から、業者名、個人名を探っていくと何か分かるのでしょうか・・・

もしかして愛知県の元職員も業者に天下りなんてしてませんよね?

しがらみの無い国会議員の方、どうか調査をお願い致します。

ところで、全然関係ありませんが、8年ほど前に読んだ本「日本がアルゼンチンタンゴを踊る日」(ベンジャミン・フルフォード著)の中で、

「日本の不良債権は、政・官・業+ヤクザによる”鉄の四角形”の癒着が原因であり、マスメディアは一切、報道しない。」

なんて文章がありました。

ちなみに、明日は議会運営委員会にて、3月定例議会閉会日の採決方法等が説明されるので、傍聴する予定です。

|

« ステレオタイプ | トップページ | 閉会日 »