« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月21日 (金)

一般質問の予定

昨日は、総務文書課から”衆議院議員選挙に伴う予算の専決処分”についての説明を受け、

そして、文化総務課から”市民会館改修の基本設計”についての説明を受けました。

さらに、教育委員会と一般質問のヒアリング、市民スポーツ課と一般質問のヒアリングを行い、その後は原稿作成をしました。

本日は、議会事務局に質問事項を書いた通告書を提出し、今回、一般質問を行う19名の議員によるクジ引きの結果、日時が決定しました。

大原まさゆき 一般質問の予定

12月4日(木) 午後1時から約50分間

エボラ出血熱について
子供の運動能力の低下について
国民健康保険について

インターネットでの生中継やミクスでの生放送もあります。
また、市役所西庁舎2階の本会議場での傍聴も可能ですので、できるだけ多くの方々に私の質問を聞いてもらえたらと思います。

|

2014年11月13日 (木)

解散

本日は、11月臨時議会が開かれました。


議長には、自民清風会の蜂須賀喜久好議員、副議長には自民清風会の田口正夫議員が、私達議員の選挙で選ばれました。

そして、私の所属委員会が環境教育委員会歴史まちづくり検討特別委員会に決定しました。


ところで、現在、衆議院に解散風が吹いているようです。

私は、どの党にも属していないので、特に応援する衆議院議員も居ないですし、応援を頼まれる事がない無所属の立場ですが、
今の、この時期に選挙を行う事が国民側にとって何のメリットがあるのかと考えてしまいます。

野党の方も、連携を模索している様ではありますが、あくまでも選挙のための連携であって、
政治家として生き残る事に労力を注ぐ様子は、国民側から見た場合に、益々、政治離れを起こしてしまうのではないでしょうか。

また、自民党大臣の不祥事を追及しているはずが、いつの間にか民主党議員にブーメランの様に、跳ね返ってくる事などからも、
日本の政治全体の不信感に繋がっていってしまいます。

やはり、任期まで2年を残したこの時期に税金を使って選挙を行うよりも、国会の中で、政策議論を詰めていってほしいです。

それにしても本当に解散するのでしょうか・・・

ちなみに、現在、12月に行う一般質問の準備の真っ最中です。

いつも職員とのヒアリングは、自分の控え室や、控え室の隣にある面談室などでは行わずに、私の場合には担当課の部屋まで出向いて行います。

というのも、私の控え室まで来てもらった場合には、知りたい資料などを持ってきてない事もあるからです。

そこで、担当課の部屋まで行けば、棚やパソコンの中に、データ等があり、全てではありませんが、すぐにその場で確認する事ができる様になります。

今回は、庁舎内はもちろん、市民病院保健所、竜美ヶ丘にある教育相談センターなど、庁舎外にも担当課が多くあり、車で色々と回っています。

また、厚生労働省に電話で直接、資料の確認をしたりと、質問の詳細を作りあげていっています。

11月1日に発行された市議会だよりの”議会を傍聴して”のところに

全体的に質が低く・・・」

といった47歳の男性からの厳しい感想が書かれてありましたので質が低いと思われないように頑張っていきます。

当日の私の質問担当部長の答弁全文は、このブログに掲載しますので、ぜひお読みください。

|

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »