« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月27日 (月)

政務活動費

昨日の午前中は、市立北中学校の体育館にて開催された”はちすか喜久好 議長就任祝賀会” に来賓出席しました。

議長への就任は昨年の11月なので、少し遅めの祝賀会でした。

地元の方達を中心とした支援者でいっぱいの体育館の中で、まずはグレート家康公「葵」武将隊オカザえもんが、アトラクションとして場を温め、

式典では、愛知県知事や維新の党、民主党、自民党の3名の衆議院議員、岡崎市長、自民党、維新の党の3名の愛知県議会議員、そして私達30名ほどの岡崎市議会議員や、元岡崎市長、元岡崎市議会議員などの政治関係者、
岡崎商工会議所 会頭、そして地元総代会の方々など、多くの来賓でステージ上はいっぱいでした。

Photo

はちすか議長による謝辞の様子

Photo_2

オカザえもんに「ツーショット写真いいですか?」と聞いてみたら、うなづいてくれました。

多くの人と記念写真を撮り、サインも書いて忙しそうでした。


そして、午後からは閉まっている市役所に向かい無所属議員控室にて昨年度の政務活動費の収支報告書の作成をしました。

今回の私が使用した政務活動費の内訳は、
ガソリン代・電話代        16万0000円
コピー代                 420円
パソコン用プリンターインク代   2118円
資料保存用 ファイル代       891円
資料保存用 ファイル代       689円
マジック代               120円
プリンター用紙代 ×2        884円
シャープペンシル用 替え芯代   172円
合計               16万5294円
となっております。

そして1年で60万円を先渡しされておりますので、
使わなかった43万4706円を議会事務局へ返却となります。

今回の政務活動費の使用金額は、たまたま過去最少額となりましたが、上記の内訳を見ても、市民の方々にはピンと来ないかと思います。

そこで、私の政務活動費の使用についてのポイントを書きますと、
①60万円全額を無理に使っていない。
②政務活動費で視察に行っていない。
③提出が不要とされている、ガソリン代・電話代の領収書も、全て提出している。
といった3点があげられます。

もう少し説明をしますと、全国の市議会では、おそらくほぼ全ての議会で政務活動費を先に受け取り、使わなかった分を市に返却するという手順になっています。

しかし、先に手元にお金を受け取ってしまうと、ついつい全て使わなければ、もったいないと思ってしまうのが人間の性分かもしれません。

そこで、市によって金額は違いますが、議員によるムダな使用方法が全国で問題になっておりますし、中には、皆様ご存じのとおり、悪質な使い方も起きております。

岡崎市議会では、市役所1階の情報コーナーにて、昨年から、政務活動費の収支報告書の閲覧ができる様になりましたが、
やはりインターネットで公開をして、市民の皆様が気軽に閲覧でき、チェックできるしくみにしたり、ガソリン代・電話代の領収書の提出を義務にすれば、ムダな使い方の抑止に効果があるかと私は考えます。

では、どうすれば岡崎市議会でも政務活動費の収支報告書をインターネットで公開したり、ガソリン代・電話代の領収書も提出義務になるかというと、
ものすごく簡単に書けば、岡崎市議会議員のうちで多くの人数が望めば実現します。

では、どうすれば岡崎市議会議員の多くが、インターネット公開を望む様になるかというと、有権者からの直接の要求が一番の近道かと思います。

例えば、もし私が自宅の近所を歩いていて、すれ違う人達全員からインターネット公開を求められたら
、今このブログを書いている時の気持ちよりもさらにインターネット公開を望む気持ちが高まるかと思います。

そして、もう一つの方法としては、来年の岡崎市議会議員選挙にてインターネット公開やガソリン代・電話代の領収書の提出義務を公約にしている候補者に票を投じるというやり方もあります。

もちろん、政務活動費をムダに使わない事だけが市議会議員の役割ではありませんので、総合的に見て判断をしていくのが望ましいかと思います。

そして、視察についてですが、何度かブログに書いていますが、委員会としての視察は行っておりますが、議員個人としては一度も政務活動費で視察に行ってません。

では、どこに行っていたのかというと”研修”です。

1期目の頃には、とにかく様々な事を学びたいという気持ちで、次々と議員向けの研修を政務活動費を使用して会計や条例策定等々さまざまな分野を受講していました。

そして議員向けの研修を受けすぎてしまい、受けるものが無くなってしまったので、今度は市や県など、自治体職員向けの研修を受けるようになりました。

そして、その自治体向けの研修も受けるものが無くなってしまったという経緯があります。

今後、新たに受けたい研修があったり、どうしても直接目で確かめたい事例があれば、将来的に視察にも行く事があるかと思いますが、当分、先になりそうですし、まずは、岡崎市の事をもっと勉強したいと考えています。

そして本日は、歴史まちづくり検討特別委員会に出席。
今回は、岡崎市南部地域の調査でした。

上地町にある上地八幡宮の”うなり石” (本殿は国指定文化財 1190年に建立)

Photo

うなり声を聞いた者は旅の道中で事故や盗難に遭わなかったという言い伝えから、上地の山中にあった石を八幡宮に運んだという逸話があります。

福岡町にある登呂八幡宮の本殿 (本殿は国指定文化財 750年から800年頃に建立 1564年三河一向一揆の火事により焼失後、1619年に再建)

Photo_2


一部分を拡大してみると星のマークがあります。

Photo_3

この星は陰陽道で魔除けとして用いられていたと言われています。

八丁味噌本社蔵八丁蔵通り (八丁味噌本社事務所と八丁味噌本社蔵は国登録文化財)

Photo_4

吉田松陰の好物は八丁味噌だったそうです。

Photo_5

八丁味噌事務所から見た岡崎城

Photo_6

八丁味噌の名前の由来は、岡崎城から西に八丁(約870メートル)の距離にあったからとの事。

岡崎城 (市指定 1455年 砦として築かれたのが始まり 明治6年の廃城令により取り壊され 現在の岡崎城は昭和34年に建てられた鉄筋コンクリート製)

Photo_7

石垣の中の鏡石

Photo

復元時に写真を撮ってみたら、この大きな石のみ写らなかったという逸話があります。

(逆)卍のマーク

Photo_2

キシノウエトタテグモ(天然記念物)の巣?

Photo_3

などもありました。

最後は、昼間から見えていた月の写真です。

Photo_8



ちなみに明日は環境教育委員会に出席し、消防行政について職員から説明を受けます。

|

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »