« 政務活動費 | トップページ | 通告書 »

2015年5月 8日 (金)

落書き

歴史まちづくり検討特別委員会に出席しました。

本日は、市内調査の最終日として東部地域に向かいました。

まずは、片寄町(旧額田町)の天恩寺

ここには”見返りの大杉”と呼ばれる大木があります。
Photo
この木には言い伝えがあり、
長篠の戦いの前に寺を訪れた徳川家康が「家康、家康」と呼ぶ声に振り向いたところ、
杉の木に隠れていた敵兵からの攻撃を避ける事ができ、命をとりとめたという話が残っています。

次に向かったのは本宿町の法蔵寺

ここには、徳川家康が8歳の頃に勉強した机などが残っています。
Photo_2
この机には、家康(竹千代)の残した落書きの跡がありますが、見えますでしょうか・・・

見えない方は次の写真をご覧ください。
Photo_3

竹千代という文字と、お城の絵が描かれています。

また、竹千代の残した筆書きもあります。

Photo_10

 




また、法像寺には、新撰組で有名な近藤勇の首塚があります。
Photo_4
東京で処刑され、京都で首をさらされていたのですが、三晩目に同志の士が持ち帰り、京都の誓願寺に埋葬を依頼したところ、誓願寺の和尚は岡崎の法蔵寺の第39代貫主でもあった事から、岡崎まで運び、無縁仏を装い埋葬、供養をしたとの事でした。
その後、昭和33年になって、京都の誓願寺で、いきさつの書かれた書物が発見された事から、改めて石碑を建てたそうです。

そして、藤川宿資料館、旧野村家住宅(現 米屋)、藤川宿脇本本陣跡を視察しました。
Photo_5
写真は、本陣跡の近くで育てられている”むらさき麦”です。

次に、西大平藩陣屋跡大平一里塚を回り、
六所神社
へと向かいました。

Photo_6
六所神社の三門をくぐったところから拝殿の写真を写しました。

あれ・・・
何かおかしくないですか・・・・

Photo_7
実は工事中のため、布に写真を印刷してあるんです。


Photo_8
横の階段から上がると、

Photo_9
丁度、屋根の葺き替え作業中でした。
40年に一度、ヒノキの皮を竹製のクギでとめていきます。
なかなか見る事のできない光景です。

そして、最後は旧額田郡公会堂の視察をしました。

今後の委員会の活動は長野市・金沢市の視察や、職員側が策定している歴史的風致維持向上計画等への提言の取りまとめになっていきます。

さらに、4月上旬から始めている6月議会で行う一般質問に向けての、担当課職員とのヒアリングも個人的に進めていきます。

|

« 政務活動費 | トップページ | 通告書 »