« 総務企画委員会 | トップページ | 特別委員会 »

2016年8月10日 (水)

研修会

今年度、2回目の開催となる岡崎市議会 研修会が開かれました。

本日の内容は、議員同士のトラブルによるセクハラ疑惑問題が起きた事もあり、
セクシャルハラスメント(性的いやがらせ)も含めた”人権”についての研修会が、法務局岡崎支局長を講師に招いて開かれました。

Img050

Img051

Img052

Img053

Img054

Img055

Img056



本日の研修会は、2名の議員が欠席したので、出席議員が33名。
その中で、講師に質疑をしたのが私を含めて4名でした。


私の質問の概要は以下の通りです。

相談窓口について
講師の答え 「法務局の支局に電話やインターネット相談もあり、地域の相談は人権擁護委員の方々にされる場合も多い。」


セクハラ予防について
講師の答え 「セクハラは男性側から女性側へ行うケースが多い。予防としては、行動や発言によって相手がどう思うかを考えていく事。しかし、同じ行動や発言だったとしても、それまでの信頼関係等々によって、セクハラになる場合とならない場合もある。」

児童虐待の通報について
講師の答え「第三者が児童虐待を認知した場合には児童相談所に通報する義務があるので、見かけた場合には、きちんと通報して欲しい。」

Dsc_8733_2
私が、講師に質問している様子。



Dsc_8738
講師が、私の質問に答えている様子。



ところで、先日、政治倫理条例政治倫理規定の文章案が全ての議員に配られました。

内容には、先日、私が提案した”政務活動費”に関する文章がありませんでした。


そして、気になる点がありましたので、改めて、以下の点について文言を追加する事を提案しました。

・政治倫理規定(案)には弔事の際の寄付を辞退する事しか書かれていないので、慶事についても寄付辞退の文言を明記する事。

| |

« 総務企画委員会 | トップページ | 特別委員会 »