« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月23日 (金)

閉会日

9月定例会の閉会日。

市長・職員側から提案されていた、議案第82号~第99号まで18件の議案についての賛成反対かの採決等が行われました。

欠席者を除いた33名の議員による各会派の賛成反対かの採決結果は、

自民清風会(12名)    18件の議案に全て賛成 

民政クラブ(9名)       18件の議案に全て賛成 

公明党(4名)        18件の議案に全て賛成

 

無所属(8名)

三浦康宏議員        18件の議案に全て賛成 

小木曽智洋議員      18件の議案に全て賛成

中根武彦議員         18件の議案に全て賛成

柵木誠議員(日本一愛知の会)     18件の議案に全て賛成

横山幽風議員(日本一愛知の会)   18件の議案に全て賛成 

木全昭子議員(日本共産党岡崎市議団)   第85号議案、第87号議案、第89号議案、第91号議案、第92号議案、第93号議案、第95号議案、第97号議案については反対     第82号議案、第83号議案、第84号議案、第86号議案、第88号議案、第90号議案、第96号議案、第98号議案、第99号議案については賛成 

鈴木雅子議員(日本共産党岡崎市議団)   第85号議案、第87号議案、第89号議案、第91号議案、第92号議案、第93号議案、第95号議案、第97号議案については反対     第82号議案、第83号議案、第84号議案、第86号議案、第88号議案、第90号議案、第96号議案、第98号議案、第99号議案については賛成  

大原まさゆき                    第84号議案、第85号議案については反対
82号議案、第83号議案、第86号議案、第87号議案、第88号議案、第89号議案、第90号議案、第91号議案、第92号議案、第93号議案、第94号議案、第95号議案、第96号議案、第97号議案、第98号議案、第99号議案については賛成

という結果でした。

 

ちなみに、私が反対した第84号議案、第85号議案について反対賛成の人数別に書くと、

第84号議案    反対1名賛成32名 

第85号議案     反対3名賛成30名 

となっており、賛成多数で可決してしまいました。

 

そして、第84号議案の内容ですが、

JR岡崎駅の東側、約6816㎡の土地を30年間、民間企業に貸し付ける議案です。

貸し付け先は、佐賀県伊万里市新天町722番地5 アイ・ケイ・ケイ株式会社

貸付料は、1㎡当たり月額281円

予定事業は、宿泊施設付きレストラン・コンベンションホール

となっております。

 

第85号議案の内容ですが、

第84号議案のレストランの南側、約1879㎡の土地を民間企業に貸し付ける議案です。

貸し付け先は、名古屋市西区新福寺1丁目57番地 蔦井株式会社

貸付料は、1㎡当たり月額140円

予定事業は、2階建ての屋内駐輪場となっております。

自転車1633台分 1回150円    原付バイク230台分 1回200円

の有料となる予定です。

イメージ図

Photo_2

私は、初当選以来12年間、予算などの議案について賛成・反対の採決をする際には、市民にとって必要だと思えば賛成をし、必要ではないと思えば反対をするという、

是々非々”(ぜぜひひ)で中立の立場に立っています。

過去に何度もブログに書いてきましたが、市民にとって必要であれば賛成し、必要でないならば反対をする行為は、

議員として当たり前の事じゃないの?

と思う方が多いかと思います。

しかし、日本全国にある市議会というものは、大多数の市長派議員少数の反市長派議員から構成されている事が多いです。

つまり、書き方を変えれば、議案に対しては何でも賛成する大勢の議員と、反対ばかりの少数の議員から成り立っている事が良くある一般的な地方議会のケースです。

なので、私の様な市長派でもなく反市長派でもない中立の立場の議員というのは、全国的にも極めて少数です。


けれども、市議会議員の本来の重要な役割は、市長や職員に対するチェック機能のはずです。

いくら優秀な市長や職員が揃っていたとしても、毎年、2000億円も執行する予算について、100%完璧では無い場合があります。

人間は誰でもミスをしますし、また、市長や幹部職員が良かれと思って立案・計画した事であっても、実は、市民にとって必要性が低かったというケースもあるかと思います。

もちろん、私にもミスはあるかもしれません。

そういった事から、市長を選挙で選び、また、37名の市議会議員を選挙で選び、さらに、議会の中で、37名の過半数の議員の賛成があれば、予算や条例が成立するという、いくつものハードルがあるのです。

なので、市議会議員の過半数が賛成しなければ予算は成立しないですし、書き方を変えれば、過半数が反対すれば、予算をストップする事ができる権限が、我々議員に与えられているという事になります。

市長の味方だから賛成したり、敵だから反対するという行為は、市民不在の行為だと考えます。

特に、総事業費21億円の(仮称)乙川人道橋ですが、市民の方々にそれぞれお話しを伺うと、多数の方々が建設に疑問をもっていますし、また、「橋が造られている事を全く知らない。」という方も居ます。


けれども、議会の中での採決では、反対しているのは私を含む3名の議員で、(欠席議員の関係で人数が変わっていますが)賛成しているのは30名とか31名だったりします。


私は、議員になる以前から、”どうしてなかなか政治が良くならないのか?”という事を、ずっと、いまだに考え続けておりますが、

市民の意見”と、”実際の市議会議員の採決の結果”がねじれている事が、その理由の一つではないのかと考えます。

そして、その”ねじれ”は、議員に対する不信感を生み、選挙での投票率の低迷に繋がってしまう事もあるかと思います。

学識者の中からは、何でも賛成して予算や条例案が全く否決される事のない議会の事を

丸のみ議会

と揶揄している人もいます。

市議会だよりでは、年に4回行われる定例会ごとに、会派別の賛成・反対の結果が掲載されておりますが、私を含めた無所属議員の結果は掲載されておりません。

私は、このブログを通して無所属議員も含めた議案に対する賛成・反対の結果を掲載してきました。

多くの市民の皆様が、議会の採決状況を把握して頂く事を、私は望んでおります。

|

2016年9月13日 (火)

心の温まる事

全ての議員を対象とした全員協議会が開かれました。

本日の内容は、議員同士のトラブルによるセクハラ疑惑問題を受けて、

”政治倫理要綱”を、”政治倫理条例”に改正する文章の最終案について説明がありました。

残念ながら、私が提案した慶事についての文言は盛り込まれておりませんでした・・・



そして、内容について質問をした議員が私1名のみ、意見を述べたのが私以外の1名でした。

以下に私の質問と、その答弁を掲載します。



大原まさゆきの質問
規定の第6条には、”弔事において、寄付の辞退に努めるものとする”といった努力義務の文章がありますが、

例えば、
公職選挙法上では、葬式に本人が出席した場合には、香典を出す事は認められており、法律を上回る内容となっております。

そこで、”努める”というのは、どこまでが香典を出しても良くて、どこからが香典を出してはいけないのか、その線引きについてお聞かせください。


議会事務局 総務課長の答弁
議員自らとの関係を考慮し、自らが出席し香典を払ったからという理由で即座に政治倫理違反とはならないと解釈されます。
どこまで努力するかはそれぞれの議員に状況があり、一律の線引きはございません。



大原まさゆきの質問
今回の条例の基となっている政治倫理要綱は平成2年に策定されたとの事でありますが、要綱が策定された経緯についてお聞かせください。

議会事務局 総務課長の答弁
過去2回の議員による不祥事を受け、平成2年3月定例会最終日に、早期に政治倫理要綱を策定する決議が議決されました。

そして、同じ過ちを繰り返さないように、法律を上回るより一層厳しい内容が定められたという事であります。

政治倫理条例については、9月定例会の最終日に、本会議場にて議員全員の採決が行われ、正式に決定する見通しとなっております。

先日、ある駅で「市議じゃなくて市長に立候補してください。」と仰る方が居ました。

同級生や町内の方々からは、よく冗談で、「早く国会議員になってほしい。」とか「県議選には、いつ出るの?」と言われる事はあったりしますが、

真面目に言ってもらえたのは、おそらく初めてだと思います。

今後も、市長や国会議員にふさわしい様な今以上に高い能力を身に付けるぐらいの気持ちを持って、市議会議員として全力で資質を高めながら頑張ってまいります。

駅前で街頭演説チラシ配りをしていると、様々な方がいらっしゃいます。

「うるさいなあ。」とか「知らねえよ。」などと文句を言っていく人や、「議員なんて、どうせ仕事なんかしてないんだから辞めちまえ!」と怒鳴っていく人、私のチラシをやぶったり、くしゃくしゃに丸めたりする様な人達もいれば、

「頑張ってね。」とか「熱中症に気を付けてください。」など激励や心配をしてくれる人達や、

チラシを受け取ってくれた後に、ぎゅっと一瞬だけ私と力強い握手をして、一言も何も言わずに、そのまま去って行く格好良い紳士や、

そして、チラシをもらってはくれないけれど、「おはようございます。」と笑顔で挨拶をしてくれたり、うなづいてくれる人達など、

本当に色々な方々がいらっしゃいます。

そんな中で、数年に1回ほど、何十年も会っていなかった同級生から声をかけてもらえる事があります。

特に私が現在の若松東に引っ越しをする前に、小学校3年生まで通っていた竜谷小学校の同級生には、今年で36年ほど会っていない人がほとんどですが、


良くあるケースが、

同級生だけど分かる?

と、駅前で突然の名前当てクイズが始まったりします。

私は、大人になってからは、””と、”名前”と、”その人との会話”の三つを同時に覚える事に苦労しているのですが、何故だか、36年以上も前の幼少期の特に同じクラスだった同級生の事は、結構、覚えていたりします。

なので、名前当てクイズには、2秒くらいで名前を答えたりして、相手から「良く覚えてるねえ。」と驚かれたりします。

そして、「夏休みの自由研究で魚を研究してたよね?」とか、「家の近くに駄菓子屋さんがあったよね?」とか、「小学校の2年生の時、同じクラスだったよね。」とか、「同じ女の子の事を好きだったよね。」とか、ついついチラシ配りを中断して、改札口の方まで、私も一緒に歩きながら話し込んでしまったりします。

そして同級生からは「立場上、他の候補を応援してるから、ごめんね。」と謝られたりする事もあります。

けれども、そんな事は全然、謝ってもらう事ではありません。

小学校低学年の頃と違って社会人になれば、住んでる地域だったり、企業の労働組合だったり、親戚付き合い等々、それぞれの立場があるのは当然です。

そして、私が浪人中の代々木ゼミナールの講師や、27歳の時から2年間、熱が出ても、何があっても、必死で通って法律の勉強をしたLEC東京リーガルマインドの講師も言っていた同じ言葉を思い出します。

「皆さんは、これから同じ目標に向かって勉強しますが、決して、受講生同士でケンカしたり、相手を貶めてやろうとか、張り合おうとかは考えてはいけません。

皆さんが挑戦するのは何万人のうち1人だけが合格する様なものとは全然違います。

同じクラスの子が不合格だったからといって、その代わりに自分が合格するという事はまずあり得ません。

相手を羨んだり、憎んだりする時間があるなら、その分の時間とエネルギーを勉強に使ってください。

そして、一生懸命に勉強する事で、ボーダーライン上で余計な心配をしなくても良い様に、自分自身の学力を余裕を持って合格できる様に上げてください。

受講生同士で無理に仲良くなる必要はありませんが、けれども、仲間を作って、分からない所などをお互いに聞いたり教え合ったりした方が、勉強がはかどって合格への近道になったりもします。

なので、”仲間と一緒に合格してやるぞ。”という気持ちを持って精一杯、頑張りましょう!」

という言葉です。

話が大分、脱線してしまいましたが、この言葉は市議会議員の”選挙”にも通じる部分があると思います。

選挙には色々な戦略・戦術があります。

そして、まずは自分自身の評価を最大限高めておく事が最も重要だと考えます。

物凄く極端な例ですが、同じマンションの人が立候補したとしても、焦ったり、うろたえたりしてはいけないのです。

話が長くなってしまいましたが、私は、孤独を感じながら行っている駅での活動中に、誰を応援してるのかとか、そんな事は全く関係無くて、

旧友から「分かる?」と声をかけてもらえただけでも、ただそれだけで心の中が物凄く暖かくなって、やる気と勇気が湧いてきますし、

励ましの言葉はもちろん、チラシをもらってくれなくても目と目が合って、二コっと笑ってもらえるだけでも、とても心が軽くなり、本当に有り難い事です。

これからも頑張ります。

ただ、私としては、駅での活動を自分自身では「迷惑行為」と考えています。

拡声器の大きな音声で演説したり、読みたくもないチラシを配っていたり、毎日、通る場所のルート上に、私が立っていたり等々、

多くの方々に大きな迷惑をかけてしまっていると考えています。

なので、文句を言われる様な事を私がしていると思います。

しかし、何の組織も動員も無く、一切のしがらみが全く無い私にとっては、駅など人が多く通行する場所で活動を行うしか方法がありません。

”私の政治に対する考え方や、議会でどんな活動をしてきたのかといった事をなるべく多くの人達に知ってほしい”

という気持ちと

”多くの通勤、通学の人達に迷惑をかけてしまって申し訳ない

という気持ちに挟まれながら活動を行っています。


なので、罪悪感からなのか、「幸田高校なんですよね?」とか言われると、ついつい、「選挙時には何度も電話をかけたり、ハガキを送ったり申し訳ありません。」と謝ってしまい、相手方から、「違うんですよ。応援してるんです。」と言われてしまう事もあったりします。


そして、議員の仕事とは議会の中での活動が重要だという事を、なるべく多くの方々に知ってもらいたいとも考えています。

具体的に書けば、

どの議員がどんな提案や追及をしているのか、又はしていなのか

そして、どの議員がどんな予算に賛成したり反対したりしているのか、という事です。

どうかご理解・ご協力をお願いしたいと思います。

ところで最近は、就寝前の読書の時間がなかなかとれないのですが、現在、挑戦してるのはデイヴィッド・ヒュームの書籍です。

そして、武士道葉隠言志四録など、日本人の精神性と関連性が深いと思われる書籍等も、いつかブログで紹介できたらと考えています。

|

2016年9月 2日 (金)

総務企画委員会

総務企画委員会に出席しました。

私が質問したのは2点。

平成28年度岡崎市一般会計補正予算
歳出 社会保障・税番号制度情報連携業務

大原まさゆきの質問

「本市が他自治体や国と連携して行っていく予定の情報提供ネットワークシステム等の総合運用テストに関して国からの財政支援はどうなっているのかお聞かせください。」



情報政策課長の答弁

「総合運用テストを実施するにあたり必要な経費等として、住民基本台帳システム、地方税務システム、団体内統合宛名システムを対象に団体規模に応じて、社会保障・税番号制度システム整備費補助金が交付されます。

 

本市では、平成28年5月20日に通達がまいりまして、6月20日に補助金交付を申請し、8月4日に住民基本台帳システム、地方税務システム、団体内統合宛名システムを対象として総額1000万円の交付決定がされました。

 

なお、この補助金の歳入について、今後、補正予算を計上するように手続きを進めています。」


歳入 工場等建設奨励金返還金

大原まさゆきの質問

「1億3373万1000円の工場等建設奨励金が返還となっておりますが、その経緯についてお聞かせください。」


  

商工労政課長の答弁

「平成27年度に交付した岡崎市企業再投資促進奨励金交付要綱に基づく工場等建設奨励金について、企業からの交付辞退の申し出により返還に応ずるものです。

 

対象事業自体は認定申請書に記載された内容が適正に行われており、奨励制度の所期する雇用維持、設備投資などの実績による固定資産税などの税収効果などがあった事は確認されておりますが、連携して補助事業を実施する愛知県に対し、今年4月に企業側の都合により辞退の申し入れがあり、交付決定の取り消しがされました。

 

岡崎市の交付要綱では、愛知県の補助採択を交付要件の一つにしていますので、愛知県の取り消しにより岡崎市の交付要件も欠く事になり、返還の対象となるものです。」

 


そして、総務企画に付託されております、一般会計補正予算については、私を含めて8名の議員全ての賛成によって可決しました。

今後、総務企画委員会を含めて4つの委員会で可決した議案について、閉会日に議員全員で賛成か反対かを本会議場で採決します。

私は、議案について、いつも全て賛成でも無ければ、反対ばかりでも無く、市民にとって必要か不必要かを考え、良いものは良い、悪いものは悪いという”是々非々(ぜぜひひ)”の考え方で採決をしている日本全国でも極めて数が少ないタイプの議員です。

書き方を変えれば、いつも賛成ばかりとか反対ばかりの方が、本来の議員の役割から見れば、間違っていると考えますが皆様はどう思いますか?

具体的に言えば、

「乙川人道橋について皆様は、どう思いますか?」

私は反対しましたが、「議会で可決してしまった事に対して、どう思いますか?」

という事です。

閉会日には、私がどの議案に賛成してどの議案に反対したのかを、いつもの様にブログにて報告致します。

ところで、先日、市民の方からご意見を頂きました。

愛知環状鉄道 北岡崎駅のホームについてですが、まずは写真をご覧ください。


Dscf2373

点字ブロックが重なっています。

拡大してみると、

Dscf2382

この様になっています。

皆様も御存じかと思いますが、先日、東京メトロ銀座線 青山一丁目駅にて、盲導犬を連れた視覚障がいのある方がホームから転落し、電車にはねられ亡くなってしまった事故がありました。

いつもは線路側を盲導犬が歩いているそうですが、この日だけはホーム側を盲導犬が歩いており、柱を避けながら線路に落ちてしまったとの報道でした。

そこで、国道交通省 鉄道局 技術企画課に電話をしてみました。

国土交通省職員や鉄道事業者、学識者などを含めて策定された

公共交通機関の移動等円滑化整備ガイドライン

という基準があり、

「原則としては点字ブロック上には何も無い事が望ましいのですが、柱が重なっていても、ガイドラインに違反する訳ではありません。」

との回答であり、今のところ、国会議員等から駅や事故状況についての問い合わせはあるものの、ガイドラインの見直しなどについては特に意見も無いようです。

また、点字ブロックの位置はホーム端から80センチから100センチの間に設置する事が決められているとの事でした。

私は市議会議員ですので、本来なら市の事業や役所の中の事柄が仕事内容ではありますが、市民からの依頼があった事や東京で事故が起きてしまった事もあり、直接、豊田市の新豊田駅にあります愛知環状鉄道株式会社の本社に行き、施設課長さん企画担当課長さんとお話をさせて頂きました。

「北岡崎駅の点字ブロックの柱については、柱の位置を建て直すなど多額の費用が必要なので、今すぐに改善できる訳ではありませんが、ガイドラインの見直しがあれば、内容に合わせていきますし、今のところは、ご意見として伺っておく事しかできません。」

との事でした。

こうなると、やはり国の定めたガイドライン自体の改定が必要になってくるかと考えますし、国レベル民間企業には通用しない市議会議員としての権限の小ささを痛感します・・・

二度と同様の事故が起きない様に、なるべく早期に、日本中の点字ブロック上の柱が無くなる事を願いたいです。

|

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »