« 通告 | トップページ | 登壇 »

2016年11月26日 (土)

渋滞

昨日は、一般質問についてのヒアリングを学校指導課の職員、企画課の職員とそれぞれに行ないました。

ただ、私が行う三つの一般質問のうち”総合計画について”のみ原稿作成が行き詰まってしまいました・・・

通常なら2ヶ月前から一般質問の準備に取り掛かっていくのですが、今回は選挙直後という事もあって、事前準備の時間がほとんど無かったためです。

このままでは、底の浅い質問になってしまいそうです。



そこで、本日、閉まっている市役所の控室で質問事項を改めて考え直す事にしました。

とはいえ、私の中に現在ある知識だけでは無理だと判断したので、急遽、書籍で勉強し直す事にしました。

市役所にある議員控え室と同じ階には”議会図書室”がありますので、参考になりそうな書籍を借りました。

Img060

Img061


Img062


他にも書籍を借りましたが、まずは一通り読破して、質問を深められる材料を大急ぎで探していきます。


ちなみに、明日は、地元の若松東町内会の公民館にて、”第2回 若松東地区防災計画の策定ワークショップ”(第3回予定12月18日、第4回予定1月15日、合計4回開催)に出席します。

地区防災計画とは、小学校区や町内会の単位で策定する防災計画であり、そこで暮らしている住民自らがワークショップなどの話し合いや議論を深めながら作りあげていくものです。

それでは、何故、地区防災計画が内閣府といった国レベルで重要視されているかというと、阪神淡路大震災東日本大震災を経験した際に、市町村等による消防・救急・警察等々の公的機関や職員も被災してしまい、機能しづらくなってしまった事や、

被害の範囲が広すぎたり、また被災者の人数が多すぎたため、大多数の人の救助等に手が回らなくなってしまっていた事などから、

特に今後、必ず到来すると言われている南海トラフ地震などの大規模災害が起きた際には、

町内会や学区単位の地域住民同士でお互いに助け合う”共助”の必要性・重要性が極めて高い事が分かってきたので、

市などが作る計画を”計画通りに行動してくださいね”と言われて渡されるのではなくて、

地域住民が自分達の手で自分達の地域の防災計画を作り、さらに被災時に行動できる様にしていく事が求められているからです。

そして、日本火災学会による阪神淡路大震災時の興味深いデータがあります。

”生き埋めや閉じ込められた際に誰が助けてくれたかの割合”

一位 自分で脱出した 34.9%

二位 家族に助けられた 31.9%

三位 隣人・友人に助けられた 28.1%

四位 通行人に助けられた 2.6%

五位 救助隊に助けられた 1.7%

六位 その他 0.9%

隣人・友人(28.1%)救助隊(1.7%)の数字の差がかなりある事に驚きますし、また、通行人(2.6%)の存在もあるんですね・・・

こういうデータを見ると、やはり”遠い親戚より近くの他人”といったことわざを思い出します。

私は、第1回目の若松東地区防災計画策定ワークショップには、全く同じ日にちの11月6日(日)に行なわれた上地八幡宮の神事に出席したため、参加できませんでしたので、第2回目からの参加となります。


しかし、皆さんも学生時代や会社なので経験された事があるかと思いますが、第1回目を休んでしまい、第2回目から参加した場合に、自分だけが何をして良いかが分からず、回りの人達が何をしているのかも分からず、取り残されてしまう事が多々あるかと思います。

そこで、内閣府のホームページに載っている大量の資料に目を通して、地区防災計画について改めて勉強し直しながら、ワークショップの進め方や、他の地域で過去に策定された地区防災計画の完成資料も参考にしています。

そこには、今年の3月に宮城県仙台市で行われたフォーラムに全国の発表者に交じって、岡崎市の矢作北学区から提出された地区防災計画についての資料もあります。

だいぶ、私の頭の中が情報だらけで大渋滞になってきていますが、(あまり良い事とは言えませんが・・・)子どもの頃にあまり勉強してこなかったので、”もう勉強したくない”とか”机に向かいたくない”といった勉強アレルギーが全く無い事は救いです。

12月5日の一般質問の当日まで、もう少し日にちがありますので、頑張っていきます!

|

« 通告 | トップページ | 登壇 »