« 認知症 | トップページ | 人道橋の建設に反対しました。 »

2017年3月 2日 (木)

竜南中学 同窓会 会長

2月28日から3月定例議会が始まりました。

初日は、29年度予算についての市長提案説明。

概要は、

・一般会計の予算規模は、前年度対比0.1%の増額となり、3年連続で過去最高金額の計上となっている。

・歳入の根幹となる市税収入については、景気の回復基調もあり、約685億円を見込んでおり、過去最高金額であった平成20年度の市税収入を超える金額となっている。

・発達に心配のあるお子さんの相談、医療、支援を総合的にサポートする「こども発達センター、すくも」が4月、福祉の村にオープンする。

梅園、広幡、矢作、3園の公立幼稚園が、4月から幼保連携型の認定こども園へ移行し、幼稚園と保育園の両方の良さを併せ持ち、保護者の就労状況に関わらず、利用していただくことになる。

・春の桜まつりの「家康行列」では、俳優で武道家の「藤岡弘」さんに特別出演していただく。

・岡崎駅周辺地区では駅東地区において、民間事業者の提案でコンベンションホールや宿泊施設などが入るレストラン等が10月にはオープンされる見込みとなっている。

・乙川リバーフロント地区整備では、明代橋上流の遊歩道の整備や、(仮称)乙川人道橋の橋台、橋脚の工事に着手していく。

岡崎城跡(じょうせき)では、平成29年度は石垣の保存修理の整備方法の検討や、本丸月見櫓(やぐら)などの発掘調査を実施していき、史跡の価値を未来に伝え、城下町を囲む総構えの岡崎城跡の姿が見て分かる整備を目指していく。

以上の通りです。


そして、2月28日から3月2日まで3日かけて、それぞれの会派の代表者による代表質問が行われました。

登壇者は、

自民清風会 加藤よしゆき議員

民政クラブ 太田としあき議員

チャレンジ岡崎・無所属の会 杉山とものり議員

公明党 くろやなぎ敏彦議員

日本共産党岡崎市議団 きまた昭子議員


の5名です。



そして、それぞれの質問に対する市長の答弁の概要は、

加藤よしゆき議員 (自民清風会)からの都市再生プロジェクト 都市機能の集積 北東街区有効活用についての質問

市長 「東岡崎駅周辺のまちづくりへの波及効果についてでありますが、本事業が110室のホテルやレストラン、カフェ、コンビニなど民間事業者からの提案の様に進めば、
北東街区のみではなく、東岡崎駅周辺地区全体の不動産価値が上がり、遊休不動産の再開発の機運が高まる事が予想されます。」




太田としあき議員 (民政クラブ)からの市政施行100周年記念事業の総括 事業の課題と次への転換についての質問

市長 「岡崎チャレンジ100に参加した皆様からは、来年以降も継続して事業に取り組みたいとも、お聞きしており、
今後も引き続き、市の魅力を創造して頂けるものと考えております。」





くろやなぎ敏彦議員 (公明党)からの保健行政の推進 健幸都市(スマートウェルネスシティ)についての質問

市長 「今後、スマートウェルネスシティ首長研究会に加盟して、他自治体と情報交換等をしていきます。」




ところで、3月2日の議会開会前の午前9時から9時30分まで、私が第1期生として卒業した、竜南中学校の同窓会入会式に出席しました。


私は、現在、竜南中学校同窓会の会長を務めさせて頂いており、同窓会入会式には毎年、出席しています。

そして、せっかくの機会なので、卒業式を控えた第31期生の中学生の皆さんへ、私からの応援のメッセージも伝えました。


今年のメッセージのテーマは、「人生設計」です。

私自身が、何も考えないままに進学・就職をし、物凄く遠回りをして、今の市議会議員という立場になった事からも、

なるべくなら必要な遠回りはともかく、ムダな遠回りをしない様に、中学生の皆さんに、
人生設計をしていく必要性を伝えました。


人生の目標や夢は、途中で変わる事もありますが、目標や夢に向かって、詳細で具体的な設計を立てる事は重要だと考えます。


将来、どんな仕事につきたいのか? どんな人と結婚したいのか?

どんな家庭にしたいのか? 自分の子どもにどんな事を伝えたいのか?

どんな資格が必要なのか? どんな学校に行くべきなのか?

どんな勉強をしていくべきなのか?


等々、今の内から、細かく考えておいて、途中途中で修正や変更を繰り返しながら、自分自身の目指した人生を確実に歩んでいって、

夢や目標に辿り着いて欲しいと思います。

とはいっても、世の中にどんな仕事があるのかは中学生にとって良く分からないかと思われます。


なので、例えばですが、書店に行って資格ガイド等を参考にするのも一つの方法だと思います。


明日は、竜南中学の卒業式なので、卒業生が立派に巣立っていく姿を期待しています!

|

« 認知症 | トップページ | 人道橋の建設に反対しました。 »