« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月25日 (木)

スイス 民間防衛

6月議会で行う予定の一般質問の内容を議会事務局に提出し、質問を行う24名の議員たちで順番を決めるクジ引きをしました。

大原まさゆき 一般質問のお知らせ

6月8日(木) 午後1時から約50分間

① がん検診について

② 企業会計について

③ 武力攻撃及び災害時の取り組みについて

の3項目の質問をします。

ところで、先日、スイス政府が全国民に配布している”民間防衛”の和訳本を、政務活動費ではなく自費で購入しました。

Img_0007

平時から戦争状況時での避難所の運営や、消火活動、救助活動、そして敵国に占領された場合の心構えなど、

あらゆる面からスイス国民の生命保護や平和を自らの力で守る力強い意志の啓発を目的に書かれています。

そして、内容の一部を私の言葉を足して抜粋すると、

戦争のもう一つの様相は、目に見えないだけに一層、危険なものがある

それは、国外から来るようには見えず、様々な姿でこっそりと国内に入ってくる

そして我々のあらゆる制度、あらゆる生活様式をひっくり返そうとする

このやり方は誰にも気付かれずに注意深く前進してくる

この方法への対抗手段は、我々の道徳的な力や、抵抗の意思によるしかない

といった、国を内部から崩壊させる戦術についての記述があります。

具体的には、

政府や政治家への信頼を落とす

マスメディア、ジャーナリスト、学者、政治家など、誰の言う事が真実なのかを分からなくさせ、国民を混乱させる

国民の防衛意欲を減少させる

軍事力を縮小させる

退廃的思想を広める

等々、日ごろから国民が警戒するべき事が書かれてあります。

永世中立国として平和を願うスイス政府が作成した書籍を、平和を願う多くの日本人にも読んでもらえたらと思います。

6月議会で私が行う一般質問では、ミサイルなど武力攻撃について触れますが、

ミサイルとは違って分かりにくいスパイ活動こそ、”民間防衛”の中でも書かれてある様に、危険な戦争手段かもしれません。

そして、日本を内部崩壊させようとする明確な目的と意思を持った国家が無かったとしても、

日本人の人口が減り、能力が低下し、経済が低迷する事で何らかの利益を得ようとする個人個人の動きが、

結果的に日本を退廃させてしまう事もあるのかもしれません。

若者の死因の一位が”自殺”となっている国は、先進7ヵ国では唯一日本のみとの事です。

北朝鮮によるミサイル実験も、もちろん脅威ですが、もう少し将来の日本の内部崩壊への危惧の方が実は重要な脅威だと考えるのは私だけでしょうか?

ちなみに、”シオンの議定書”という書籍に、現在、関心があるのですが、読んでおいた方が良いのか迷っています・・・

|

2017年5月 9日 (火)

一般質問の準備

4月中旬から財政課防災危機管理課健康増進課とそれぞれに6月に行う予定の一般質問についてのヒアリングを行っており、準備を始めています。

午前は、財政課とヒアリング。

単コロオーバーナイト等について、本日、岡崎市の状況調査の結果説明を受けました。

単コロとは、一般会計から第3セクター等へお金を貸した場合に、翌年度、返してもらう分を、本年度中に一般会計への返済と処理してしまう事で、お金を単年度でコロがす事です。

そして、オーバーナイトとは、一般会計から第3セクター等が借りたお金について、

第3セクターが3月末に、一泊二日で金融機関からお金を借りて、そのまま一般会計に返済し、そして4月に再び、一般会計からお金を借りて、金融機関にすぐ返済するといった”一夜貸し”とも呼ばれる処理方法です。

昨年の8月には一部で報道 (←クリック) もされましたので、知っている方もいる事でしょう。

岡崎市でも単コロやオーバーナイトの実績があれば、質問で取り上げようかと考えており、先週、担当職員に調査を依頼していました。

しかし、「岡崎市では、実績がありません。」との調査結果でしたので、一般質問で取り上げるのはやめておこうかと思います。

そして、道路維持課にて、上地3丁目の歩道整備について先週からの追加説明を受けました。

Img_0005_4

また、議会事務局からは、昨年度、使用した政務活動費について問い合わせがありました。

私がエディオンで購入したUSBメモリーの領収書の明細に、”82ポイント”と書かれてあった為、

「82ポイントの受け取りの有無を確認したい。」

との事でした。

しかし、私はカードを持っておらず、メンバー登録もしていないので、ポイントを受け取っていない事を説明し、

また、その場でエディオンに電話してみたところ、

「メンバーでなくても、明細には目安としてポイントの数字が記入されます。」

との説明を受けました。

なので、今年度から始まる政務活動費の収支報告書のインターネット公開で、

誰でも岡崎市議会議員の政務活動費の使い道が簡単に見られる様になりますが、

私は82ポイントを受け取っていない事を、市民の皆様には知っておいて欲しいです。

そして午後は、上地3丁目のお二人の住民の方々と、歩道整備についてそれぞれに電話で話しました。

そして、予定していた”単コロ”等の一般質問が無くなりそうなので、12月議会の一般質問で取り上げようかと考えていた内容について、

急遽、6月議会に前倒しして、一般質問をする事に決めました。

テーマは”決算剰余金(実質収支)”。

ただ、12議会の事だと考えており、10月から準備をするつもりだったので、まだまだ知識不足。

さらに、明日からは二日間、

滋賀県彦根市にて地場産業支援(彦根仏壇・バルブ・ファンデーション)

石川県金沢市にて伝統産業支援・金沢ブランド認定事業

について、岡崎ブランド育成検討特別委員会の視察に行かなければならず、まとまった時間が取れません。

しかし、そこは発想を変えて、電車などの移動する時間や、ホテルでの就寝前など細切れの時間を使って、質問準備をする事にします。

そこで、議会図書室に行き、参考になりそうな書籍を片っ端から集めてみました。

Img_0008


そして、この14冊の中から、資料として使えそうな書籍を選別。

一冊ずつ”決算”の部分のページを目次で確認。

内容をささっと読み、私が今回取り上げる内容に触れているものを探しました。

 

Img_0009


選ばれたのが、この5冊。

タイトルに”よくわかる”とか”誰にでも分かる”とか書かれてある通り、質問準備の導入にはピッタリです!

けれども、本を視察先まで持っていくのは大変なので、イラスト地方財政法の条文最高裁の判例など使えそうな部分をコピーしました。

そして、岡崎市や他市の決算カードも印刷。

Img_0010

これらを使って、視察先の空き時間で電卓を使ってポチポチします。

そして、視察先で伝統産業・地場産業支援の勉強もきちんと行ってまいります。

けれども、本日、新たに、財政課に調査をした内容の結果しだいでは、またまた、”決算剰余金(実質収支)”についての質問を取りやめる可能性もあります。

それでも、さらに頑張ります!

|

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »