« 登壇しました。 | トップページ | 東岡崎駅 ペデストリアンデッキ築造工事に反対しました。 »

2017年6月15日 (木)

委員会を傍聴してみませんか?

経済建設委員会に出席。

以下に私の質問と担当職員の答弁を掲載します。

●第56号議案の質問 東岡崎駅ペデストリアンデッキ築造工事について

大原まさゆきの質問

今回の工事には、1社のJV業者が入札を辞退し、4社のJV業者が一般競争入札に、総合評価方式にて参加しました。

入札には、入札金額とは別に加算点という評価があり、担い手確保はしているかどうか、技術者実績はあるかどうか、障がい者雇用はしているかどうかなどの細かな19の項目に該当すれば、点数が付く事になっております。

そこで、この加算点ですが、本来なら項目に該当し点数がもらえるところを、業者がわざと点数をもらわないように、申請をしないでいる事が可能なのかどうかをお聞かせください。

契約課長の答弁

総合評価落札方式においては、「企業実績」など様々な加算点の項目がございますが、あくまでも入札参加者の申請に基づき加算するもので、申請がなければ加算点はつかないことになります。

大原まさゆきの質問

平成28年度の当初予算として議決をしましたが、ペデストリアンデッキの総事業費を確認させてください。

拠点整備課長の答弁

継続費としてお認め頂きました金額、15億1800万円を総事業費として見込んでおります。

大原まさゆきの質問

ペデストリアンデッキの真ん中の中央デッキの活用予定についてお聞かせください。

拠点整備課長の答弁

中央デッキは、28m×22mの広さで面積約600平方メートルで計画しております。

活用方法として想定しているのは、駅周辺における来街者の滞留スペース、観光客の集合場所、また、フリーマーケット、B級グルメイベントなども可能と考えております。

●第56号議案 意見

大原まさゆきの意見

第56議案に反対の立場から意見を申し上げます。

本議案のペデストリアンデッキは、平成31年4月にオープン予定の東岡崎駅北東街区の駐輪場やホテル、レストランと東岡崎駅を結ぶものであります。

総事業費は15億円1800万円となっております。

まず、活用度ですが、先ほどの私の質問にペデストリアンデッキの活用方法として待ち合わせ場所というお答えがありました。

しかし、本来は、駅ビルの中に待ち合わせ場所があるのが望ましいと考えます。

そして、必要性ですが、難しい事だとは十分理解をしてはおりますが、例えばですが、駅の真正面にペデストリアンデッキを設置して、乙川への降り口は康生に近い方向にした方が良いのかと考えますが、現在の予定では、方向が反対の東の遠い方が降り口になっております。

そういった事からも15億円もかけて建設する事に疑問を感じます。

そして、平成40年ころから本市の人口は減少していくという予測がありますが、維持管理費などコスト面が増える事については、将来の市民のためにも慎重に、今から極力、抑えていくべきだと考え、本議案には反対とさせて頂きます。

第57号・第58号議案 北東街区 財産の無償及び減額貸付について

大原まさゆきの意見

57号・58号ともに反対の立場から意見を申し上げます。

57号議案の本市が所有する土地を事業者に貸す議案ですが、賑わいの創出としてカフェやレストランなどは良いかと考えますが、単純に駐輪場が遠くなる事などから反対と致します。

次に、58号議案ですが、こちらの土地の所有者は民間の方でありますが、その土地を一旦、民間の方から市が借りて、そして市から北東街区の事業者に転貸するという形式になっております。

民間の方から市が借りる賃料は月額で1平方メートル当たり970円となっており、市が北東街区の事業者に貸す賃料は月額275円ですので、差額の695円は市が負担する事になります。

そこで、市が負担をするこの差額分が大きいのではないかと考えます。

今回の土地の賃料を算定するために不動産鑑定士に依頼をした不動産鑑定評価書を見ますと、積算法という手法が用いられており、土地の基礎価格に期待利回りがかけられております。

しかし、この期待利回りを年6%とする根拠が、鑑定評価書では”総合的に勘案し”と記載されており、計算式の過程が書かれておりません。

また、今回の鑑定には平成28年3月に固定資産税や都市計画税の分を市が負担をするという事で上乗せした意見書という形で1平方メートル当たり月額970円という賃料になっております。

しかし、その前の1月に、一旦、税金等を上乗せしていない970円よりも低い金額で鑑定が出されております。

さらに、その鑑定評価の内容にもありますが、近隣の賃料の価格は500円から700円ぐらいの相場から見ると、やはり高めの賃料だと考えます。

また、土地の貸し借りについて、市を間に挟まずに、民間の土地所有者と事業社が直接、土地の賃貸をした方が、本市の負担もなく、賃料も安く済む可能性ももあった事から本議案に反対とさせて頂きます。

以上となります。

6月23日の6月議会の閉会日には、もう一度、全ての議員で議案に賛成か反対かの採決を行います。

ところで、今年度から役所外での委員会や議員研修会にも、一般市民の傍聴者を受け入れる事となりました。

具体的には、

総務企画委員会

日にち 7月20日(木) 13時45分から

場所  西消防署本署 (暮戸町元社口42)

内容  消防活動について

定員  30人

申し込み期限 7月10日(月)

議員研修会

日にち 7月21日(金) 14時00分から

場所  本会議場  (西庁舎3階)

内容  健幸づくりはまちづくりから

講師  筑波大学大学院教授 久野 譜也氏

申し込み期限 7月10日(月)

文教生活委員会

日にち 7月28日(金) 10時15分から

場所  美術館 (明大寺町茶園11-3)警察署隣です。

内容  美術館の運営について

定員  20人

申し込み期限 7月18日(火)

福祉病院委員会

日にち 8月1日(火) 10時15分から

場所 動物総合センターAnimo (欠町大山田1)東公園の中です。

内容 Animoの取り組みについて

定員 20人

申し込み期限 7月18日(火)

現在のところの募集は以上です。

申し込み方法は議会事務局ホームページ←ここをクリックしてください。

沢山のご応募をお待ちしております!

|

« 登壇しました。 | トップページ | 東岡崎駅 ペデストリアンデッキ築造工事に反対しました。 »