« 登壇 | トップページ | 賛成か、反対か。 »

2017年12月21日 (木)

12月議会の閉会日。

市議会議員にとって、条例案や予算案に賛成するのか反対するのの採決は、とても重要な役割の一つです。

というのも、例えば予算案について、市議会議員の過半数の賛成が無ければ、市長・市職員の方々は、予算を使う事ができません。

反対の書き方をすれば、私達が、ムダだと考えられる予算案については、市議会議員の過半数で反対をして、ムダな事業をストップさせる事ができます。

これは元々、行政へのチェック機能を持つ市議会議員に求められている役割のはずです。

皆様の身の回りでムダだと考えられるものはありませんか?

例えば、総事業費約23億円の(仮称)乙川人道橋などは、どうお考えでしょうか?

しかし、日本全国の多くの市議会議員にとって、条例案や予算案の採決は、あまり重要視されていないのが現状です。

例えば、以前にはこんな記事もありました。

「3ない議会」なんて、いらない 全地方議会を調査

議会の半数、議案丸のみ

 全国の地方議会のうち、首長が提出した議案をこの4年間で一本も修正や否決していない「丸のみ」議会は50%、議員提案の政策条例が一つもない「無提案」議会が91%、議員個人の議案への賛否を明らかにしない「非公開」議会が84%

http://astand.asahi.com/webshinsho/asahi/asahishimbun/product/2011021700014.html

 

私自身は、政党や会派に所属していない全くしがらみの無い立場から、たった一人きりでも一つ一つの条例案や予算案について、全て賛成でもなく、反対ばかりでもなく、

市長派でもなく反市長派でもなく、良いのものは良い、悪いものは悪いといった”是々非々”の考えで、今後も市民目線に立って、賛成か反対かの採決をしていきます。

本日は、第91号議案から第124号まで34件の議案等について、賛成か反対かの採決を行いました。

採決に参加できない議長以外の36名の議員による各会派の賛成反対かの結果は、

自民清風会(11名) 34件の議案に全て賛成

民政クラブ(9名) 34件の議案に全て賛成

公明党(4名) 34件の議案に全て賛成

チャレンジ岡崎・無所属の会(4名) 34件の議案に全て賛成

日本共産党岡崎市議団(3名) 第94号議案、第95号議案、第96号議案、第97号議案、第98号議案、第99号議案、第103号議案、第105号議案、第108号議案、第109号議案、第110号議案、第112号議案、第115号議案については反対その他21件の議案については賛成

・無所属(5名)

 三浦康宏議員 34件の議案に全て賛成

 野々山雄一郎議員 34件の議案に全て賛成

 蜂須賀喜久好議員 34件の議案に全て賛成

 山崎泰信議員 34件の議案に全て賛成

 大原まさゆき 第94号議案、第95号議案、第96号議案については反対その他31件の議案については賛成

という結果でした。

そして、私が反対した議案についてのそれぞれの内容は以下の通りです。

第94号議案 「東岡崎駅ペデストリアンデッキ築造工事(その2)」

4億6299万6000円

 

 

第95号議案 「東岡崎駅ペデストリアンデッキ築造工事(その1)」

3億3696万0000円

 

第96号議案 「(仮称)乙川人道橋 橋りょう上部工事」

8億5104万0000園

しかし、反対議員4名、賛成議員32名のため、議案は成立してしまいました。

ところで、全然関係ありませんが、駅でチラシ配りや街頭演説をしていると少々の出会いがあります。

例えば、”市の土地をできるだけ安く買いたい”との希望が叶わなかった事から、私への逆恨みをし、駅で会う度に「何にもやってくれない人がここに居ます!」と大声で何度も連呼する人・・・

私のチラシを自分で受け取りに来た直後に破り始めたため、「なんでそんな事するの?」と聞くと、「うるさーい!」と言って、破ったチラシを駅の通路にばらまき投げ捨てて逃げていく男子高校生・・・

私のチラシを受け取りに来たので、渡そうとすると、「いらないよー。ウェーイ。」と言って笑いだすカップルの男性・・・

大原まさゆき本人が角を曲がった所に居る事を知らずに、ボランティアから受け取ったチラシを偶然にも、丁度、私の目の前で両手でくっしゃくしゃに丸める女性・・・

「市議会議員なんて、どうせ仕事してないんだからやめちまえ!」と怒鳴り、反対側の改札口に居るボランティアにも同じ事を怒鳴っていく男性・・・

私にわざと肩をぶつけてくる男性・・・

広い歩道なのに「邪魔!」と怒鳴る女性・・・

「どうせ政務活動費を違法に使ってるんでしょ?」と頭ごなしに言われたので、チラシ配りをしていた手を止めて、

毎年、多くの金額を市に返還している事や、義務化される以前から領収書の全面公開をしてきた事、1期目の頃には視察よりも専門的な研修ばかりに使ってきた事など等々を丁寧に説明しようとすると、

「岡崎市民じゃないから、そんな事を説明されても困るし急いでるから。」と言って去っていった市外の男性・・・

出身高校を聞かれたので答えると「幸田高校なんかでも議員になれるの?」と私にとって様々な想い出深い母校を、全力でニタニタしながらばかにする男性・・・

今までに、何度かブログに書いてきましたが、駅での街頭演説やチラシ配りは、通勤・通学の方々にとって大きな迷惑になっている事は十分に分かっているつもりです。

そして、私の演説は騒音の一つですし、チラシもゴミの一つなのも分かっています。

しかし、組織も何にもない立場では、人が多く集まる駅などでしか活動報告をするしか方法がありません。

どうか、ご理解を何卒、宜しくお願い致します。

私は、議案の一つ一つについて賛成か反対かを考えており、時には100%の気持ちで賛成したり反対する場合もあれば、

「岡崎市が良くなるにはどうしたら良いのか」とか、

「市民にとってはどうしたら良いのか」とか、

ギリギリまで考えに考え抜いて、悩んで悩んで悩み抜いて51%対49%で賛成したり反対したりする事もあり、

「市長派だから賛成しなければいけない」とか、

「会派で決まった事だから賛成しなければいけない」とか、

「政党の考えに合わせなければいけないから」とか、

自分以外の誰かの責任にする事ができませんし、したくはありません。

そして、一般質問についても時には2か月も前から準備を開始し、国の省庁や他市の職員などにも問い合わせをしたり、書籍を読み込んだり、質問の順番や構成や、市民に伝わりやすい言葉使いなど毎回、考えています。

また、チラシに関しては、一般質問を部分的に掲載するために、どの質問を残してどの質問を削るかとか、時には”、”を消して文字数を稼いだりする事もありますし、

文字の大きさや構成まで99%自分自身で考えているため、誰かに丸投げして楽にチラシができあがってくる訳ではありません。

そして高校に関しては、お世辞にも学力が高い学校とは言えませんし、中学時代に全く勉強してこなかった自分自身に対して、反省や後悔もしてはおりますが、

山岳部では朝のグラウンドでのダッシュ練習や、土日の泊まり込みでの練習などに積極的に参加したり、山を登るタイムトライアルの時間をなかなか縮める事ができずに悩んだり、地図を読み込む能力を自分なりに高めたりと、真剣に取り組んできましたし、

友人たちと恋愛についてなどで部活帰りに辺りが暗くなるまで話し込んでしまったり、

「髪の毛が長い」とか「ズボンが太い」など先生に叱られたりとか、

高校3年生の秋には、授業後に友人たちと自主的に勉強してみたところ2学期の中間テストの点数が跳ね上がった事等々、

ブログでは書き切れないほど沢山の良い事も悪い事もあった青春時代の1ページです。

そういった岡崎市で唯一の無所属議員としての私の政治活動や、思い出深い母校を踏みにじられる事は、とても悲しい事です。

なかなか人生、思うようにはいかないものですが、

そんな時には、徳川家康の言葉(だと言われている)

人の一生は重荷を背負って遠き道をゆくがごとし いそぐべからず 不自由を常と思えば不足なし・・・

を思い出して、重い荷物を背負って上手くいかない事の方が当たり前だと考えながらあまり気にしない様にします。

|

« 登壇 | トップページ | 賛成か、反対か。 »