« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月26日 (木)

資料

先日、昨年度(平成29年度)の政務活動費の収支報告書を作成し、議会事務局に提出しました。

現在、岡崎市議会では政務活動費を年に2回に分けて前渡しで合計60万円を市から議員が受け取り、

使わなかった分を市に返却するしくみとなっています。

私の昨年度分の収支の状況を以下に報告します。

・パソコンプリンター用紙代 500枚入り 3セット分 1326円

・パソコンプリンターインク代 6色セット 4個分(予備含む) 3万1060円

・コピー機 使用代 206回分 2060円

合計  3万4446円

60万円から3万4446円を引いた残りの56万5554円を市に返却しました。

初当選の時からずっと同じ事を書いていますが、私は、無理に全額の60万円を使い切ろうとは考えていません。

とくに、新幹線代や宿泊代が多くかかる視察については、視察をする事で岡崎市にとって有益であり、議員として活動する中で必要性が高い場合のみ、

他の自治体等まで政務活動費を使用して、現場を見に行くべきと考えます。

私は、過去に視察をした例では、委員会として視察に行く事は、常任委員会と特別委員会のそれぞれ1回ずつ、合計で年に2回ありますが、

これまでの政務活動費の収支報告書を見てもらえれば分かるとおり、

今まで、政務活動費を使用した個人視察には一度も行った事がありません。

もちろん、視察の有用性も理解してはいますが、まだまだ市民の方々からの直接のご意見や、書籍、インターネット、岡崎市の職員の方々からの説明など、

岡崎に居ながら学びたい事が山ほどありますので、わざわざ遠くまで視察に行く必要性が低く、また時間もありません。

ただし、1期目の頃には、関心の強い内容の”議員向けの研修”や、”職員向けの研修”をいくつも受講し、受講したいと思う研修が無くなってしまいましたが、

 

最近では、新しい研修等も増えてきましたので、再び、研修を受けようか検討しているところです。

 

 

そして具体的に最近、読んだ書籍では例えば、

01

この、”健康格差対策の進め方”は、6月に予定している私の一般質問について、担当課の職員の方と現在、ヒアリングを行っており、

 

その中での、質問材料として役立っているため、政務活動費として購入費用を使用しても良かったのではないかとは思うのですが、

 

購入時にきちんと領収書を受け取っていない事もあり、自費での購入となりました。

03

”自生的秩序 ハイエクの法理論とその基礎”も、自費での購入ですが、岡崎市議会の中での活動には直接的に関係があるとは言い切れず、こちらの場合には、政務活動費を使用する事は、難しいのではないかと考えます。

政務活動費に関しては、全国的にも使い方が問題視されておりますが、その原因の一つとして、やはり

 

前払い制

 

が挙げられます。

 

人間は、弱い生き物なので、もらった分は、どうしても使わないともったいないと考えてしまう事があります。

 

近年、政務活動費について、”前払い制”から、使った分だけ後日、受けとる”後払い制”に変更している自治体もあります。

 

岡崎市議会でも早急に”後払い制”へと変更していく事を、大原まさゆきは強く望みます。

 

そして今後も、政務活動費の使用をなるべく抑えつつも、議員としての資質を最大限に高めながら活動をしてまいります。

 

 

 

そして、昨日は、福祉病院委員会に出席しました。

04


05





そして本日は、健幸(けんこう)まちづくり特別委員会に出席しました。

 

 

この委員会のメンバー9名にて、今後2年間をかけて”(仮称)岡崎市健康基本条例”を策定していく事が決まり、

 

現在、条例の中の”目的”や”基本理念”などを定めている作業中です。

 

 

その中で、私からの提案として”生活習慣病の予防”や”持続可能な地域医療”という文言を、

 

条例の”目的”や”基本理念”に盛り込んでいく事を提案しました。

 

 

ただ、今回の場合には、意見を言う際に、科学的なデータも示す様に指示がありましたので、委員会の開催前に、2週間ほどかけて資料を作成しました。

 

議員になってから、データに基づく資料を要求された事は無かったので、新しい委員会の進め方です。

 

 

言葉や数字よりもグラフをメインとしましたので、見づらい部分もあるかもしれませんが、

 

他の資料からそのままコピーをした部分もあれば、エクセルに100億単位で私自身で数字を打ち込んでグラフを作ったりもしましたので、古いデータもありますが、

資料を作成しながら私自身も新たに発見した内容もありましたので、一度、皆様も読んでみてください。

Photo



02



03



04


05_3

以上が、委員会に提出した資料となります。

残念ながら、”持続可能な地域医療”という文言の方は、本日の委員会の様子では、条例に盛り込む可能性は低そうです・・・

また、繰り返しになりますが、この様に本市の状況を詳しいデータから分析する事は、とても重要な事でありますので、わざわざ多額の政務活動費を使って他県にまで行かなくても、

まずは、私達が実際に生活している岡崎市の実態を、医療・介護に限らず、市政全般について一つひとつ知る事に労力を注ぎ、

ほぼ無料で、岡崎市の課題や特徴を洗い出していく事は大切な事だと考えます。

そして、奥山田池の遊歩道について、桜の根がアスファルトを持ち上げてしまい、以前から歩行者にとって大変、ご迷惑をおかけしており、市民からご意見がありました。

 

市の公園緑地課にて相談したところ、5月中には、歩道の整備をしていくとの事でありました。

 

これからゴールデンウィークでありますが、散歩等の際には、十分、お気をつけて頂きたいと思います。

Img_0001

ちなみに明日は、県道 市場福岡線のバス停付近のガードパイプの設置について、西三河建設事務所の維持管理課に問い合わせをする予定となっています。

|

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »