« セクハラ・パワハラ等の政治倫理をテーマに令和初の議員研修会が開かれ、講師に質問した議員は出席者35名中、大原まさゆきのみでした! | トップページ | あいちトリエンナーレについて韓国人youtuberの方が語ってくれています! »

2019年8月 5日 (月)

議会だよりに、それぞれの会派別の昨年度の政務活動費の決算額が掲載されました!

8月1日発行、おかざき議会だよりにて昨年度の政務活動費の決算額が掲載されました!

Photo_20190807155601

昨年度分の政務活動費については4月11日のブログ(←クリック)にて、

前払いで受け取った60万円のうち1万6901円を使い、58万3099円を市に返却した事等々、すでに掲載していますので、今回は若干の補足をします。

 

まず、議会だよりに掲載されている調査・研究費というものがありますが、これは主にに視察の事であり、他県や他市の事例を現地の市役所の職員の方々等に説明を聞いたり見たりする事です。

 

議会だよりの表を見ますと、大原まさゆきの調査・研究費が0円となっていますが、これは、”大原まさゆきが調査・研究を全くしていない”という意味では無くて、

”大原まさゆきは他市への視察に行っていない”という意味です。

 

私はブログにて、委員会の視察を除いて、政務活動費での他市の視察には過去に一度も行っていない事を書いています。

他の会派の議員では北は北海道から南は沖縄まで遠い場所まで視察に行っている様ですが、

私は、まだまだ岡崎に居ながら勉強したい事、勉強しなくてはならない事が山ほどあり、

また、インターネットや書籍、そして岡崎市民の皆様からのご意見や、岡崎市役所の職員の方々からの説明など、聞きたい事、知りたい事があります。

 

そして、昨年6月の一般質問で提案しましたが、岡崎市の旅費規程の変更を望んでいます。

現在の制度では、旅費の宿泊料の規定が定額制か実費制を選択できる制度となっており、議員や市の職員が出張に行った際には、

定額制の場合、ホテルの料金とは関係なく一律の金額がもらえてしまうので、安い料金のホテルに泊まった場合には、余ったお金がポケットに入ってしまう事になります。

 

私が最後に旅費を使用したのは、13年前に”監査と基礎理論と実務”という二日間の研修を大阪で受講した際に使用しました。

その時にも、実費で宿泊したので、ホテル代の6400円を政務活動費として使用しましたが、もし、定額制を選択した場合には、1万6500円が支給されますので、10100円が余ってしまい、ポケットに入ってしまう事になります。

 

早期に、この宿泊料の規定を定額制から実費制へと変更していく事を強く望んでいます!

| |

« セクハラ・パワハラ等の政治倫理をテーマに令和初の議員研修会が開かれ、講師に質問した議員は出席者35名中、大原まさゆきのみでした! | トップページ | あいちトリエンナーレについて韓国人youtuberの方が語ってくれています! »