« 新型コロナの水面下で、『種苗法』改正が行われようとしている事について簡単にまとめてみました! | トップページ | 6月1日より小中高校の登校が再開していく案が愛知県から県内の各市に要請されました。 »

2020年5月 6日 (水)

コロナワクチンの開発資金援助や、途上国支援等のため15億ドルを日本から送る事について!

コロナワクチンの開発資金援助や、途上国支援等のため15億ドルを日本から送る事について!

安倍首相は、新型コロナウイルスへのワクチン開発への資金援助や途上国支援のため、15億4000万ドル(約1632億4000万円)を送り、また、治療薬として期待される”アビガン"を80か国に提供していく事を表明しました。

日本国内では、早期にアビガンを投与されていたら命が助かっていた可能性の方がいたり、また、収入が激減し将来への不安から自殺をしてしまった個人店主の方もいます。

他にも新型コロナウイルスに関して困っている国民が全国に多くいます。

なぜ、そんな中で、これほどの巨額を海外に送金するのでしょうか?

新型コロナウイルスが騒がれ始めた頃、中国からの入国禁止に踏み切れなかった理由として、中国側から「大ごとにしないで欲しい。」と強い要請があったという報道もありましたが、同じ様に、海外からの圧力があるのでしょうか?

 

私としては、アビガンが治療薬として効果があるのかどうかを検証すると同時に、日本国内でのアビガンの使用制度を早急に整えながら、ワクチン開発への資金援助は日本国内の企業に渡していき、海外への支援は、途上国への援助だけにすれば良いのではと考えます。

|

« 新型コロナの水面下で、『種苗法』改正が行われようとしている事について簡単にまとめてみました! | トップページ | 6月1日より小中高校の登校が再開していく案が愛知県から県内の各市に要請されました。 »