« 6月議会の開会日に質疑を行いました! | トップページ | 学校給食 »

2020年6月13日 (土)

6月議会閉会日にて、コンベンション施設の建設中止を求める市民からの請願についての討論や、質疑を行いました!

6月議会閉会日にて、コンベンション施設建設中止を求める市民からの請願についての討論や、質疑を行いました!

コンベンション施設の計画は、旧太陽の城跡地に最大で1000名の会議や800名の立食パーティーが可能なホールと調理室を備えた施設を建設し、同じ敷地内にグレードの高いホテルを同時に誘致する計画であり、

建設費44億円、15年間の光熱水費など維持管理費36億円の合計、約80億円を市が支払い、民間経営を支援していくもので、以前から私は反対しているものです。

 

今回のコンベンション施設の建設中止を求める市民からの請願については、6月8日(月)の総務企画委員会にて、私を含む2名が賛成をしたものの、反対が6名だったため不採択となってしまいました。

 

そして、昨日の6月議会閉会日にて、委員会での不採択という結果について賛成なのか反対なのかという採決を、今度は議長を除く全ての議員で行いました。

ただ、少しややこしいのは、私は請願に賛成のため、委員会での不採択という結果に反対をする事になるために、反対討論を行い、採決も反対という立場になります。

以下に私が発言した反対討論の内容を掲載します。

 

 請願第1号、コンベンション施設建設の中止を求める事につきまして、私は請願に賛成の立場でありますので、総務企画委員会にて本請願が不採択となりました結果について反対の立場から、無所属大原まさゆきの討論を行います。

 

 元々の予定では、本6月議会にて優先交渉権者との契約議案が上程される予定と聞いておりましたが、契約協議の延期となり、条件が整い次第、今後の議会にて議案が提出されるとの事であります。

 

 コンベンション事業とは、旧太陽の城跡地に、コンベンション施設を建設し、イスのみ使用の会議で1000人、立食パーティーであれば800人が収容可能な1200平方メートルのホールや、パーティーに出される料理を作る調理室を配備して、同じ敷地内にはグレードの高いホテルを誘致していく事業であります。

 

 コンベンション事業の経営につきましては、私はそもそも民間事業者のみが経営していくものだと考えます。

 

 しかし、本市の事業に関しましては、民間事業者だけでの経営では採算がとれずに赤字になってしまう事から、市が施設の建設費として約44億円、15年間分の光熱水費などの経費として約36億円、合計して約80億円を事業者に支払って契約をする計画となっております。

 

 また、将来、施設が老朽化した際の修繕費や大規模改修費、施設の解体費用なども市が支払う事になり、将来にわたっても大きな負担となる事からも、コンベンション事業の多額の予算に関して、過去の議会で反対してまいりました。

 

 そして、例えば名古屋市では、現在、本市と客層の取り合いとなるコンベンション施設が複数ありますが、さらに今後も新たなコンベンション施設が2ヵ所、建設されていく計画がありますので、過当競争の中で、この度の市税80億円の投入と、本市での経済波及効果の見込みには疑問を感じます。

 

 さらに、日本の少子高齢化が先進国の中で過去の歴史に例の無い速度で進展しておりますが、今後益々、多くの高齢者の方々を少ない現役世代の人で支えなくてはいけない時代になります。

 

 そこで、少しでも少子化を防ぎ、現役世代の負担を軽くするためにも今のうちから出生率を高めていく必要があります。

 

 また、本市は東海豪雨、八月末豪雨と2度の大きな水害がありましたが、まだまだ強い雨が降る度に不安を感じる市民の方々がいらっしゃいます。

 

 そういった事からも、私はこのコンベンション事業に関しては必要性が高く、かつ多くの市民の理解が得られるとは考えにくい事から本請願に賛成しまして、不採択となった委員会の採決について反対と致します。

 

 以上で無所属大原まさゆきの討論を終了致します。

 

 

そして、コンベンション施設の建設中止を求める市民からの請願が、委員会にて不採択になった事について賛成なのか、反対なのかといった議長を除いた会派別の賛否の結果を以下に掲載します。

自民清風会(12名) 賛成

民政クラブ(8名)  賛成

公明党(4名)    賛成

自民創政会(3名)  賛成

チャレンジ岡崎・無所属の会(4名) 

             杉山とものり議員 (採決時に議場から退出

             小田たかゆき議員 (採決時に議場から退出

             えむら力議員 反対

             ませぎ誠議員 反対

会派に属さない無所属議員(4名)

 三浦やすひろ議員      賛成

 鈴木まさ子議員(共産党)  反対

 新免はるか議員(共産党)  反対

 大原まさゆき        反対

以上の結果から、賛成28名反対5名棄権2名となり、コンベンション施設の建設中止を求める市民からの請願については、不採択となってしまいました。

重ねて書きますが、80億円の市税につきましては、コンベンション施設を建設するのではなく、先行き不透明な新型コロナウイルス対策はもちろん、子ども達の可能性を広げる人材育成、育児支援、少子高齢化対策、災害対策などに使っていくべきだと考えますが、市民の皆様はどの様にお考えでしょうか?

16_20200613142301

↑ 私が請願についての討論を行っている様子。

 

17

↑ 討論の他、新型コロナウイルスPCR検査機器購入費803万円の予算や、ひとり親世帯臨時特別給付金4億1686万9000円の予算についての質疑も行いました。

|

« 6月議会の開会日に質疑を行いました! | トップページ | 学校給食 »