« 岡崎市議会HPに6月定例議会の動画が掲載されました! | トップページ | 大原まさゆきの6月議会での討論と、各会派の昨年度の政務活動費の収支が市議会だよりに掲載されました! »

2020年7月22日 (水)

MICE誘致検討特別委員会に出席しました!

MICE誘致検討特別委員会に出席しました!

場所は、通常の委員会室ではなく、本日は大会議室にて行い、さらに、委員同士も一つ席を空けて距離を取った上でマスクを着用しました。

 

私の意見としては、

”単なる外国人観光客を招く事と違って、MICEの場合には例えば海外の著名な研究者を招いて岡崎での研究発表を行った場合など、本市の研究者や技術者などの人材育成や学生らなどの意欲向上に繋がる可能性もあり、岡崎市の将来に向けて持続可能な発展に資する事もあるが、

現在の新型コロナウイルスについて海外や国内においても終息するまでは、MICE誘致に関する取り組みは行うべきでない。”

という内容を提出しました。

 

市民が健康でなければMICEへの参加もできないのは当然の事だと考えます。

 

そして海外の情勢では、アメリカと中国が世界の覇権を狙って対立が激化しています。

日本における新型コロナウイルスの元々の対策が、そもそも習近平氏の来日を控えている中で中国政府から「大ごとにしないで欲しい。」と日本側が要請を受けた事も対応が遅れた理由の一つです。

 

日本はアメリカからも圧力を受けているのはもちろんですが、中国からも圧力を受けているので、弱腰外交の日本の国益が損なわれるばかりです。

中国による”香港国家安全維持法”がアメリカを始め各国から危険視されている中で、日本の自民党国会議員の中で日本の将来を心配し、”香港国家安全維持法”に国際反対署名をしている約70名ほどのリストがインターネットに上がっています。

政治家の悪い部分を指摘する話は良くありますが、政治家の良い部分を称えて激励を伝える事も大切な事です。

 

そして、政治家や政党に合法な寄付金を渡した場合に、渡した側の企業や業界団体が何等かの意向を持っている事は良く聞く話ですが、

この国を憂い行動してくれる政治家にこそ活動資金や票田が集まるべきだと考えますし、落選の不安も少なく、選挙準備に掛かる労力を減らした分だけ集中して日本の行く末に取り組んで欲しいと思います。

|

« 岡崎市議会HPに6月定例議会の動画が掲載されました! | トップページ | 大原まさゆきの6月議会での討論と、各会派の昨年度の政務活動費の収支が市議会だよりに掲載されました! »