« MICE誘致検討特別委員会に出席しました! | トップページ | 市内の小学生からアンケートが届いたので記入しました! »

2020年8月 1日 (土)

大原まさゆきの6月議会での討論と、各会派の昨年度の政務活動費の収支が市議会だよりに掲載されました!

大原まさゆきの6月議会での討論と、各会派の昨年度の政務活動費の収支が市議会だよりに掲載されました!

1_20200801191401

豊富保育園の改築工事と、住宅確保給付金の予算についての賛成討論の概要です。

 

住居確保給付金とは←(クリック)

 

2_20200801192001

昨年度の政務活動費の収支状況です。

議員一人あたり年間で60万円が先渡しで支給され、使わなかった分を市に返却するしくみとなっています。

 

ちなみに各会派の昨年度の政務活動費の返却割合は、

自民清風会(13名)     4.1%

民政クラブ(8名)     39.2%

公明党(4名)       31.2%

チャレンジ岡崎・無所属の会(4名) 58.2%

創政会(3名)         0%

無所属(日本共産党)(2名) 3.2%

大原まさゆき        95.1%

(年度途中で会派を離脱した議員の分は含まれておりません)

 

私は、60万円を受け取って57万708円を使わずに市に返却しているので、返却率は95.1%となります。

もちろん、使用額が少なければ良いという訳ではなく、政務活動としての必要経費が、どれだけ市に貢献していて、市民に対する安全安心などへの返還ができているのかが重要です。

 

各会派の政務活動費として主に使われている視察費ですが、視察報告書が市議会のホームページ←(クリック)で掲載されておりますので、一度ご覧頂けたらと思います。

過去にも何度もブログに書いていますが、私の考えでは、他県まで会派内のメンバー数人で視察に行く事よりも、岡崎に居ながらまだまだインターネットや書籍、市の職員の方々、そして市民の皆様のご意見を伺う事が沢山ありますので、

政務活動費の使用を控える事で税金の節約に努めながら、勉強してまいります。

 

そして、私の返却額の年間約50万円ですが、4年間分で200万円にもなるので、大きな金額だと思います。

| |

« MICE誘致検討特別委員会に出席しました! | トップページ | 市内の小学生からアンケートが届いたので記入しました! »