« 時短要請に応じない店舗に対する罰則。  | トップページ | ”コロナ対策” 原則、全ての国・地域からの新規入国が禁止となりますが、例外があります。 »

2020年12月26日 (土)

30人数学級実施検討会議が開かれました。

岡崎市30人数学級実施検討会議が開かれました。

本日の中日新聞 西三河版より

1_20201226114001

中根市長の公約の一つとなる30人学級に向けての検討会議の初会合が開かれました。

記事の中でも書かれてありますが、30人学級が実現すると教職員の人件費だけでも毎年15億円以上の経費がかかり、クラスについても小学校で163クラス、中学校で76クラスが増えますので、教室をどうしていくのか課題があります。

すでに言われてきている話ですが、市の事業として「あれも、これも実施していく。」というのはもう無理です。

経済が右肩上りだった高度経済成長やバブル経済を経験してきた方の中には、まだまだ幻想を抱いている部分があるのかもしれませんが、現実としては「あれか、これか。」という取捨選択が迫られています。

 

私としては、少子高齢化対策が最も重要課題だと考えます。

そのためには、結婚しやすい環境、子育てしやすい環境、さらに、今後の困難な世の中を自ら切り開いていける様な逞しい人材の育成が必要です。

人口が減少している現在、高齢者を支える現役の働き手の人数が少なくては、社会が疲弊し経済の循環も滞ってしまいます。

早期に出生率を回復させる事が必須ですが、国や自治体の動きが、停滞している気がしてなりません。

そして、新型コロナウイルスの対策も外国の圧力なのか海外からのウイルス流入が止められません・・・

| |

« 時短要請に応じない店舗に対する罰則。  | トップページ | ”コロナ対策” 原則、全ての国・地域からの新規入国が禁止となりますが、例外があります。 »