« コンベンション事業の見直しについて市が市民公聴会を開きます。 | トップページ | コンベンション施設が要るか要らないか? »

2021年5月20日 (木)

市役所に耐震シェルターと防災ベッドが展示されています。

市役所に耐震シェルター防災ベッドが展示されています。

岡崎市役所 東庁舎1階にて5月28日(金)までの展示となっており、65歳以上や障がい者の方向けの補助金制度の説明員も近くに居ます。

 

耐震シェルター (6畳より少し小さいサイズ)

Photo_20210520105601

 

耐震シェルターの中の様子。

天井には電灯が付いています。

Photo_20210520105701

耐震シェルターは、木造2階建ての家屋に設置する事が想定されており、家が倒壊してもシェルターは壊れない強度があるとの事。

畳の部屋には置けないので、畳の部屋の場合にはフローリングへと改修して頂く必要があります。

例えば、シェルターにかかる費用が60万円とすると、市の補助金が上限30万円ですので、支払い金額は30万円程度になります。

 

 

防災ベッド

 Photo_20210520110401

 

防災ベッドは畳付きです。

Photo_20210520110402

例えば、防災ベッドの価格が30万円の場合には、市からの補助金の上限は20万円ですので、 支払い金額は10万円となります。

補助金制度には、家屋の耐震基準も関連してきますので、ご検討の方は資料をお読み頂ければと思います。

岡崎市HP 補助制度 ←クリック

 

現在、新型コロナウイルスの緊急事態宣言が発令中ですので、市役所に用事のある方はついでに東庁舎の1階ものぞいてみてください。

東庁舎入り口にはオカザえもんの写真もマスクをしてお出迎えをしています。

Photo_20210520111601

| |

« コンベンション事業の見直しについて市が市民公聴会を開きます。 | トップページ | コンベンション施設が要るか要らないか? »