« 長期優良住宅化リフォーム推進事業の外部リンクを岡崎市HPに掲載していただきました。 | トップページ | 業務スーパー創業者が「地熱発電」に挑戦 世界3位の眠れる資源活用「やりとげる」 »

2022年6月 9日 (木)

幸田町 22棟が焼けた駅前商店街の火災

幸田町 22棟が焼けた駅前商店街の火災

 

CHUKYOTV NEWSWEB ←クリック

 

私は幸田高校の卒業生という事もあり、今回、現場を訪れてみました。

Img_0002_20220609200301

 

Img_0004_20220609200501

 

Img_0009

風が吹く度に、ぶら下がった金属くずなどが音を響かせながら揺れています。

写真やテレビではなく、実際に自分の眼で真っ黒に焦げた部屋や家具などを眺めていると、とても胸が痛みます。

 

今回、幸田町が調整役としてガレキの撤去費用を算出したところ約4080万円との事。

この4080万円を被災者の方々11名で割ると、お一人約370万円というとても大きな負担となります。

 

もっと低額で撤去できる方法は無いのかでしょうか・・・

| |

« 長期優良住宅化リフォーム推進事業の外部リンクを岡崎市HPに掲載していただきました。 | トップページ | 業務スーパー創業者が「地熱発電」に挑戦 世界3位の眠れる資源活用「やりとげる」 »