« 文教経済委員会に出席しました! | トップページ | 6月議会の閉会日にて、市長の期末手当の半減などについて意見を述べました。 »

2023年6月20日 (火)

コンベンション事業について、次点だった交渉権者から市に対して辞退するとの通知がありました。

コンベンション事業について、次点だった交渉権者から市に対して「辞退する。」との通知がありました。

 

コンベンション事業は、市が行った公募で2事業者からの応募があり、以前のブログにて優先交渉権者が辞退をしたとの報告をしました。

そして、次点だった事業者に対して、コンベンション事業を引き受けるかどうかの打診を市から行ったところ、この度、「辞退する。」との通知がありました。

市の企画課としては、「社会変化等を見極めなながら、太陽の城跡地でのコンベンション機能及びホテル機能などの整備に取り組んでいく。」との事です。

言い方を変えれば、コロナ禍が終息した後の状況や、近年の物価高、コンベンション事業を建設した場合の施設の利用ニーズ等々を見極めながら、市の企画課を中心にして再び事業者を募集するかどうかが慎重に検討されていくのではないかと考えます。

大原まさゆきの太陽の城跡地への考えは、コンベンション機能やホテル誘致にはこだわらずに、社会情勢を考慮しながら、公共施設の総量の増加にも配慮しつつ、子ども達の心身の発育や、子育て世代の負担軽減、そして少子化への対策に繋がる場所にする事で賑わいを持たせていく様にしてはどうかと考えます。

 

岡崎市 報道発表資料 ←クリック

| |

« 文教経済委員会に出席しました! | トップページ | 6月議会の閉会日にて、市長の期末手当の半減などについて意見を述べました。 »