« おかざき議会だよりに、6月議会の一般質問と予算に関する討論の一部が掲載されました! | トップページ | 大学生が考案した「さくらピンバッジ」の新デザイン一般投票が行われます。 »

2023年8月 9日 (水)

岡崎市議会議員の政務活動費の収支報告書と視察報告書が公開されています。

昨年度(令和4年度)における全ての会派と無所属議員の政務活動費の収支報告書と視察等報告書が公開されています。

 

岡崎市議会の各会派・無所属議員の政務活動費の使用状況は?

令和4年度の政務活動費は議員1名あたり年間で54万円が支給されました。

政務活動費は使わなかった分は市に返還する事となっています。

各会派・無所属議員の使用状況を表にすると以下の様になりました。

 

           交付を受けた金額  支出金額  市に返還した金額  返還率

自民清風会(15名) 810万円 750万6172円  59万3828円  約7%

民政クラブ(9名)  486万円 286万9183円 199万817円  約41%

チャレンジ岡崎(4名)216万円 150万5709円  65万4291円 約30%

公明党(3名)    162万円 134万5424円  27万4576円 約17%

無所属(6名)

鈴木まさこ議員     54万円  23万4528円  30万5472円 約57%

中根よしあき議員    54万円  19万4330円  34万5670円 約64%

田口正夫議員      54万円  30万1240円  23万8760円 約44%

柳けんいち議員     54万円  19万1314円  34万8686円 約65%

三塩なつみ議員     54万円     8150円  53万1850円 約98%

大原まさゆき      54万円        0円  54万0000円 100%

 

大原まさゆきが考える2点の問題点とは?

私は、コロナ禍の直前の平成30年度には、政務活動費の受け取り額60万円に対して、約2万円の支出(PCプリンター用インクや用紙、コピー代など)をして、返還率は約97%でした。

コロナ禍に入ってからは、少しでも市の財政負担を減らすためにも100%の返還をしてまいりました。

 

1点目の問題点は、以前から主張しておりますが、岡崎市も含めた全国の自治体の政務活動費は事前に前渡しで議員に支給されるケースが多い事です。

人は欲望に弱い生き物なので、事前に受け取ってしまうと使わなくてはもったいないと考えてしまう人や、中には、自分のお金だと勘違いしてしまう人もいるかもしれません。

そこで、年度終わりの3月になった際に、1年間に使った分だけを後払いで議員に支給する様に変更をした方が良いと考えます。

 

2点目の問題点は、以前の一般質問(←クリック)でも取り上げまして一部の市民の方から反響もあった内容ですが、「宿泊費の実費制への変更」についても私は主張しております。

現在、岡崎市を含む多くの自治体では、市長や職員、市議会議員が県外への出張や視察に行く際の「宿泊費を実費制にするか定額制にするかを選べる」事になっています。

岡崎市の条例では、議員が東京都や政令指定都市に宿泊する場合は1万6500円が定められており、その他の地域に宿泊する場合には1万4900円を政務活動費から支出する事ができます。

 

私が政務活動費にて宿泊料を支出したのが平成18年とかなり前の事になりますが、大阪市にて開かれた2日間の研修として「監査の基礎理論と実務」という研修を受講した事がありました。

その際の実際の宿泊料は6400円でしたので、定額制ではなく実費として6400円を政務活動費から支出をしました。

しかし、もし定額制にしていたなら政務活動費から1万6500円を支出する事が可能なので、実際にかかった宿泊代の6400円を差し引いた1万100円をポケットに入れて自由に使う事ができてしまいます

 

そこで、愛知県内では犬山市において市長を主導として、宿泊料の定額制から実費制へと条例を変更した事もありましたので、岡崎市でも実費制へと変更していく事を、私は一般質問で提案した事があり、

当時の部長答弁では「今後の運用状況を注視し、制度として有効に機能するかどうか研究してまいりたい。」との事でした・・・・

 

委員会視察も含めて県外に宿泊した際に選択制ではなく必ず実費制にしておけば税金の節約にも繋がると考えますので、一日でも早い変更を強く望んでおります。

 

最近の話題について

現在、国会議員や地方議員を含む多数での「フランス研修」が問題となっておりますが、国民・市民にきちんと説明できる状況にしておくべきです。

さらについでに書きますと、大手マスコミがほとんど報道しない「衆議院議員の妻の元夫の不審死事件」についても、もう一度再捜査をし直して、本当に自殺なのか他殺なのかを徹底して調査すると共に、衆議院議員から捜査終了の圧力があったのかどうかも国民に対して説明するべきと考えます。

 

岡崎市議会の会派別・無所属議員別の

・政務活動費の収支報告書は岡崎市議会HP (←クリック)

・政務活動費を使用した視察等の報告書は岡崎市議会HP (←クリック)

にて読む事ができますので、関心のある方は、ご覧ください。

 

Img_20230809_0001

| |

« おかざき議会だよりに、6月議会の一般質問と予算に関する討論の一部が掲載されました! | トップページ | 大学生が考案した「さくらピンバッジ」の新デザイン一般投票が行われます。 »