« 11月臨時議会が開かれました。 | トップページ | 12月5日(火) 女性対象の市議会傍聴ツアーが行われます。 »

2023年11月16日 (木)

市長・副市長などに来年度の予算・施策の要望を行いました。

市長・2名の副市長・財務部長・財政課長・財政課副課長に対して、来年度に向けた予算編成と施策の要望を行いました。

 

 

Photo_20231116152001

写真は、市長に対して説明している様子です。

 

この要望会は、毎年この時期に会派単位で行われているものですが、私は無所属ですので、自分で考えた内容や過去に一般質問で取り上げた内容を自分自身で市の幹部に説明するやりがいのある会です。

しかし、議員の要望とはいっても実現する事の方が少なく、資料に書いてある内容は年々増えている状況です。

 

要望した内容の例としましては、

・「浸水被害の恐れのある地域は市街化区域に編入しない。」という規定を都市計画マスタープランへの明記や条例化する事。

・フィックスマイストリートを導入し、市民がスマートフォンやパソコンから直接、市に対して、道路修繕やカーブミラーの設置などを要望し、ホームページ上で修繕や設置の経過が分かる様にする事。

・生活保護の外国人への支給停止。

・EUの多くの国で禁止されているネオニコチノイド系農薬の食品中の残留農薬と農作物への使用について、国の基準よりも厳しくする本市独自の条例の制定。

・野菜摂取量の少ない岡崎市民に対して、接種を促すイベントや出前講座による啓発。

・抗生物質は細菌性の風邪には効果があるが、ウイルス性の風邪には効果が無い事や、市民から医師に対して、安易に抗生物質を要求しない事を市民に啓発していく事。

・愛知環状鉄道の複線化を愛知環状鉄道や、国・県に対して要望していく事。

・県道岡崎刈谷線の4車線化の計画を、国道1号線と交わる交差点(デニーズのある所)まで延長する事を県に対して要望する事。

・IT企業も、本市の「ものづくり支援補助金」の対象にしていく事。

・ゲーム依存症について、小中学生に対する出前講座の増加。

・中学校の教室や図書室を平日授業後に開放して、勉強したい生徒に使用させていく事。

・ワンストップサービスのため、市役所の総合窓口システムの導入。

・物件費等の内訳を分析し、経費削減に繋げ、経常収支比率を低下させていく事。

・公共施設15%縮減の目標時期の設定。

・議員の政務活動費などの宿泊料が、現在、定額制と実費制と選べる様になっているので、定額制の場合には、実際にかかった宿泊費が安ければその分のういた金額が議員のポケットに入ってしまうので、定額制を廃止して実費制に変更していく事。

等々です。

 

時間がかかるかもしれませんが、一つずつ実施されていく事を望んでいます。

Img_20231116_0001

Img_20231116_0002

Img_20231116_0003

Img_20231116_0004

Img_20231116_0005

Img_20231116_0006

 

 

| |

« 11月臨時議会が開かれました。 | トップページ | 12月5日(火) 女性対象の市議会傍聴ツアーが行われます。 »